雨漏りの原因。

梅雨の長雨で普段雨漏りしていないおうちでも雨漏りすることがよくあります。

僕たちの仕事でもこの時期は雨漏りの対応に追われます。

そこで雨漏りの原因としてよくあるケースを紹介します。

①台風や地震などで瓦が飛んだ、またはズレてしまった。

②経年劣化や急激な冷え込みなどで瓦に割れやヒビが入ってそこから雨漏り。

③瓦の劣化と瓦の下に敷いてあるルーフィングの劣化による雨の浸み込み。

④サッシ周りのパッキンの劣化による雨の浸み込み。

⑤落ち葉などで雨どいが詰まって雨が溢れることで雨漏り。

といったところでしょうか。

⑤の雨どいのつまりによる雨漏りは意外と多くて普段住んでいないと雨どいの事にあまり気が付かなくて、落ち葉が泥のようになって詰まっていることがよくあります。

下から見てもなかなか身が付きませんが、家の周りの雨どいを見渡していて、草が生えているところがあれば詰まっている証拠です。

早めに業者に頼むなどして樋の清掃をしてください。

くれぐれも高所の作業になるので無理をなさらないようにお願いします。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)