神戸市の老朽空き家、新たに430件

いろんな自治体で空き家の解体補助金が設けられています。

ただ、解体後何年間か建物を建てることができないケースや破損状況のひどいものから優先されるなど、使いずらい面もあるようです。

これまでに神戸市が把握した、管理不全の空き家は計1391件。このうち、市の指導で所有者が建物を撤去・補修したり、市が応急措置を施したりして558件が「改善済」となった。一方で改善指導中の空き家が474件、登記上の名義人が亡くなっているなど、市が所有者を調査中の空き家が359件残っている。

市は老朽化した空き家や放置された家屋の解体を促すため、一定の条件に当てはまる場合に費用を助成する。約500件について、50万円を上限に経費の3分の1を公費負担。6月3日から申請を受け付ける。

対象となるのは

  • 神戸市内にある家屋(用途・構造は問いません)
  • 解体(申請)しようとする家屋で、昭和56年5月31日以前に着工された家屋
  • 次の号のいずれかに該当すること。
    1. 屋根、外壁若しくは基礎等に腐朽又は破損のある空き家
    2. 腐朽又は破損のある3年以上の空き家
    3. 幅2メートル未満の道路のみに接する敷地に建つ家屋
    4. 面積60平方メートル未満の土地に建つ家屋

50万円で500件とはなかなか思い切った印象を受けますが、解体後にどのような風景が待っているのか気になるところです。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)