リノベ空き家で一攫千金。

最近地方においても急激にこの流れが来てます。

空き家を取り巻く環境はここ数年で大きく変わりそうです。適正に管理された空き家は、所有者にとっても地域にとっても価値あるものになります。

空き家をリノベーションしたカフェや宿泊施設が各地に生まれている。アドレス(東京都千代田区)による「ADDress(アドレス)」、KabuK Style(長崎市)による「HafH(ハフ)」など、複数の空き家やゲストハウスが定額で使い放題になるサービスも登場した。低価格で市場に出る物件も多く、今後も増え続ける空き家ストックに、各業界が注目している。

とはいえ、空き家を使って事業に挑戦したいと思ったとき、ネックとなるのは物件探しである。各自治体も調査に乗り出してはいるが、空き家特別措置法の対象となる撤去が必要な危険な空き家のみが調査対象である、外観からのみの判断で現状は不明、登記上の所有者に連絡が取れないなど、空き家を活用したいと思っている人にとって有益な情報とは限らない。自治体が設置する空き家バンクが機能していれば良いが、「サイトはあっても登録物件は数件」ということも少なくない。

結局、不動産屋の賃貸物件を探すことになることが多くなるわけだが、低価格の空き家物件の仲介手数料は昨年の改正を受けても低い水準(400万円以下の物件の場合最大で14万円)であるため、取り扱いがないケースもある。所有者が荷物置き場に使っている、年に一回法事で使うなど、日常的に使う人がいなくても空き家にはならないケースも多々ある。

優良な空き家に関してはもはや市場に出ることがないくらいに人気があるようです。

様々な分野で価値の2極化が進みますね。

こちらの記事は☆☆☆で。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)