安芸太田町で

夕方は少し涼しかったです。空き家管理舎です。

広島県の安芸太田町で福島の原発で避難生活を送っている家族に空き家を使って保養してもらうという取り組みが行われたそうです。 以下中国新聞より

同町の主婦ら女性10人でつくる安芸太田保養支援グループが、メンバーの持つ空き家を活用して受け入れた。同町で定住促進に取り組むNPO法人上殿未来会議も協力し、田舎暮らしを体験できる古民家を貸し出した。

福島県内で募り、今夏は7月20日から8月14日までに計6家族がそれぞれ5~7日間過ごした。同グループなどは、保養家族が滞在中に食べるコメや野菜を提供し、昼食会を開いてもてなした。母、娘2人と5日間滞在した同県川俣町の三浦幸さん(35)は「今は多くの人が暮らす集合住宅に避難し、気を使う毎日。娘もここに来て、農村地帯にある自宅のようにのびのびとしている」と喜んでいた。

空き家の利用料は1泊千円。交通費の負担を軽減するため、1家族につき大人は4万円を上限に1人分、子どもは中学生以上3万円、小学生2万円までの人数分を同グループが支援。6家族に計約75万円を援助し、募金などで賄った。

安芸太田町と言えば人口7000人弱の町ですが空き家に関する活動は活発で空き家バンクの登録数も100を軽く超えています。

自治会や各種団体が積極的に活動しているようで一度視察に行きたい町のひとつです。

○今日のラッキー ラッキーがラッキーを運んできますね。(^v^)

空き家対策はお任せください。香川県全域、愛媛県東予・中予地域・石川県・新潟県の空き家は、月々5,000円(税抜)から空き家管理舎が責任を持って管理します。

http://akiya.shoukoukai.net/

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)