増える活用困難「空き家」に地域交流の場としての可能性。

接道の問題や借地の問題で新たに建て替えることができない、路地が狭くて駐車スペースが確保できない、など地域的に活用が難しい場所にある空き家をどうするか。これがこれからの問題になります。

現状でも地域的に便利で状態のいい空き家はあらゆる活用の可能性があります。

そういったものが流動化する空き家がある一方で、なかなか手がつけられない空き家も多くあります。この記事のように 子供も高齢者も交流できるスペースとして活用できれば素晴らしいと思います。

協会としてこのようななかなか手が付けづらい空き家を積極的に活用する事業をこれから進めていければと思います。

こちらの事業は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)