古民家宿づくりにデジタル証券──空き家問題に“STO”は有効か

先日打ち合わせした中でも出た、今までの空き家を取り巻くアナログな環境にうまくデジタルを融合すると、ものすごく面白そうな未来が描ける。という事です。

そもそも STOとは何でしょう・・・ 一般には「ブロックチェーンで管理された、デジタル化された有価証券」を用いて資金を調達する方法をセキュリティートークンオファリング(STO)といいます。

神奈川県鎌倉市に本社があるエンジョイワークスは、「葉山の古民家宿づくりファンド」を通じて一般の投資家向けにデジタル証券で資金を調達する。

この取り組みでは、セキュリティトークンの発行・管理プラットフォームを開発する米セキュリタイズ(Securitize)と、不動産情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)が共同で開発した基盤を活用する。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)