全国の地方移住経験者に対する意識調査を実施

移住の受け皿として、戸建ての空き家を探している人が多いです。

若い人だけでなくリタイヤした世代の人たちも、それぞれの生活スタイルに合う空き家を探しています。

実際移住してみて理想と現実のギャップの中で意外と物価が高いというのがリアルな意見だと思いますね。

物価というか、移動に関して車が必要だったり、自治会費や祭りごとに費用が掛かったりと意外と生活にコストがかかるという事もありますね。

三重県では、東京圏への人口が集中する一方で、若い世代の地方移住への関心が増加している動向をふまえ、全国の20~30代の都市部から地方への移住経験者を対象にアンケート調査を行いました。

<調査時期>
2019年12月~2020年1月
<対象者>
全国の都市部から地方への移住経験者(UIターン)/20~30代/男女/200人
※1都3県、愛知、2府2県及び人口100万人以上の政令指定都市を「都市」と定義し、それ以外を「地方」とする
<調査方法>
インターネットアンケート調査

詳しくはこちらの記事は☆☆☆でご確認ください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)