古民家が分散型宿泊施設に⁉

“分散型ホテル”とは、イタリアで生まれた地域活性化の取り組み「アルベルゴ・ディフーゾ(分散型宿泊施設)」が発祥。点在する空き家や歴史的建物などをリノベーションし、宿泊施設として利用することを指します。食事や買い物は地元住民が普段利用する店舗を訪ねるなど、地域全体での触れ合いが愉しめると注目を集めています。

こちらの記事では愛媛県大洲市での取り組みが紹介されています。

空き家の活用として、まちづくりの手法としてますます広がっていきそうです。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)