空き家問題の解決策は集約、予防、促進

この記事の中でも空き家問題の解決策は集約・予防・促進とされている。

集約では1960年代頃からの空き家問題解決に貢献してきたアメリカのランドバンク制度に学び、日本版の同制度を提案している。

予防、促進では将来的な分散、細分を防ぎ、早期遺産分割を促進するもので、参考にしたのはイギリスで1925年に行われた土地法の大改革とそれに伴う登記制度である。これは特権階級のみが土地を独占相続する慣習があったイギリスで、一般国民による土地所有を可能にした改革だ。その時に、将来の権利的分散を防ぐためにいくつかの工夫が施された。

土地に対する考え方が海外と違いがあるとはいえ、今後の施策には活かせそうです。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)