クリエイティブ公務員は空き家の町を変えられるか。

空き家問題の解決は結局ヒトだということは、このトピックスの中でも触れてきましたが、今回もクリエイティブな公務員の活躍が取り上げらえれてます。

埼玉県で一番空き家率の高いまちで、町の将来の姿を示すべく、コンパクトシティ実現に向けた立地適正化計画の策定を一人で策定するという圧倒的な実績を残し、この町の将来をデザインしました。

※立地適正化計画とは・・・立地適正化計画は、コンパクトなまちづくりの形成を促進し、生活サービス機能を計画的に誘導していくために、おおむね20年後の都市の姿を展望して策定する計画。

こちらの記事は☆☆☆

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)