空き家、東京23区も10・4%

4月に発表された速報版の確定値が発表されました。今回の数値は昨今の首都圏での土地バブルの影響もあり全体的な数値は予想よりも低い数値となりました。

今回の数値が即現在の空き家を取り巻く状況とは思えませんが一つの指標としてとらえておきましょう。

5年後の数値が怖いと思うのは僕だけではないと思います。

総務省が30日発表した2018年の住宅・土地統計調査の基本集計結果によると、総住宅に占める空き家の割合は東京都区部(23区)でも10.4%となった。前回調査の13年より0.8ポイント低下したが、1割を超える水準が続いた。大阪市は17.1%、北九州市は15.8%で全国平均の13.6%を上回り、大都市でも空き家問題が深刻であることが鮮明になった。

同調査は5年に一度実施する。4月に速報値を公表しており、今回は確報値との位置づけだ。全国平均の空き家率は速報段階の13.6%から変わらず、前回調査の13年に比べ0.1ポイント上昇して過去最高を更新した。

政令指定都市の空き家率では、さいたま市が9.4%、川崎市が9.5%、横浜市が9.7%と1割を下回った。

総住宅数は6240万7千戸となり、前回調査に比べ2.9%増えた。総世帯数は3.0%増の5400万1千世帯となり、住宅数とほぼ同じ伸びになった。

1住宅あたりの延べ面積をみると、一戸建ては126.63平方メートルとなり、前回調査に比べ2.00平方メートル縮小した。同項目は1993年以降拡大が続いていたが、18年は前の調査を下回った。広い一戸建てがなくなる一方、新たな小さい一戸建てが増えているのが背景とみられる。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

周辺空き家が不動産売買に与える影響

空き家が与える周辺への影響。廃屋のような空き家は周辺地域に与える影響も大きいです。

このケースは相続人に連絡が取れ、最終的に解体することで解決しそうですが、連絡自体が取れないことが多のが現状です。

Aさんは30代の頃、子育て環境を重視し、郊外の分譲地に戸建て住宅を購入しました。しかし、建物の劣化が進んでおり、加齢に伴い庭の手入れや管理なども大変になってきたことから、自宅を売却し、都心部に移住することを決断しました。

この分譲地は、区画も整い、緑豊かな環境がウリ。敷地は広く高額ですが、人気のエリアであるため、「それほど苦労せずに売却できるだろう」と思われました。

ところが、不動産の売却査定のため、現地に行ってみたところ、まず目についたのは、隣家の異様な状況。もう何年も空き家になっているという隣家は、生い茂った植栽が道路やAさんの敷地にはみ出し、建物もぼろぼろで今にも崩れそう…。周辺環境が不動産売買に与える影響は大きく、査定額の減額にもつながります。

登記簿謄本で確認すると、隣家(敷地・建物)の所有者は、分譲時からBさんという人のまま。Aさんに聞くと、Bさんはどこかの老人ホームに入ったという話は聞いたが、それ以来会ったことはなく、連絡の取りようもないとのこと。

幸い、町内会のネットワークを通じて、Bさんの子供と連絡が取れたため、空き家の放置による物理的な危険や近隣住民の迷惑などを十分に伝え、Bさんへの伝達をお願いしたところ、まもなく隣家は解体の運びとなり、Aさんの自宅はスムーズに売却できました。

放置された空き家は、倒壊リスク、生い茂る植栽による景観悪化・落ち葉の問題などに加え、ハクビシンや野良猫などのすみかになってしまう可能性もあり、さらには火災の原因や犯罪の温床になることもあります。近隣に与える影響は大きく、事件や事故が発生した場合には、損害賠償の対象になることもあり得ます。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

空き家を相続放棄しても管理義務はある

相続放棄すれば空き家になった家の管理はしなくてもいいのでしょうか?

こういった質問を定期的に頂くので最新の事例を踏まえながら定期的にお答えしていきます。

まず、現時点で”空き家を相続放棄しても管理義務はある”ということです。

通常、相続放棄をして、他に誰も相続する人がいなければ財産は国庫に返還(国の持ち物)になります。

ただ、この場合、相続放棄すると他の財産も相続できない、相続放棄しても空き家の管理義務はある

というデメリットがあります。

例えば、空き家を相続放棄した後に放置して、

  • 倒壊して人にケガをさせた
  • 倒壊して人の不動産に損傷を与えた
  • 風で瓦が飛んで人にケガをさせたり、隣家を傷つけた

などの場合は、相続放棄していても相続人(本来は空き家を相続するはずだった人)の責任になります。

つまり相続放棄しても空き家になった実家の管理義務は残るということです。

ここのところをよく覚えていて下さい。

国も極力無駄な土地建物は欲しくないということです。

空き家等対策の推進に関する特別措置法は,空き家等の「所有者又は管理者」に対し,周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう,空き家等の適切な管理に努めるべき責務を課しています。

つまり役所の指導に従わずに代執行の処分を受けた場合、解体費用の請求は管理者である相続人に行われるということです。

なんとも理不尽に感じるかもしれませんが、町中に放置された空き家が増えることを考えるとしかたないかもしれません。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

瀬戸内国際芸術祭。。

瀬戸芸開幕の前日。
最後の仕上げと足場等の撤収のため伊吹島。

今回はアーティストの皆さんのお手伝いです。一つは空き家活かした作品なので空き家活用という面でも楽しかったです。タイトなスケジュールでしたが作品が出来上がっていく様を近くで見ることができて楽しかったです

さあ、いよいよ祭りの始まりです✨

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

#伊吹島
#瀬戸内国際芸術祭
#瀬戸芸
#島カモメ

横浜市立大学など、空き家等を活用し、魅力的な「暮らし方」を実現

横浜は空き家に対して進んだ地域だと思います。様々な施策が出てくるし、協会への問い合わせやアクセスも多い地域です。

今後、空き家対策の成功事例が多く出てくることを希望します。。

横浜市立大学・京浜急行電鉄株式会社・横浜市の3者は、空き家等を活用し、横浜の郊外住宅地での魅力的な「暮らし方」を実現する「すまいづくり・まちづくり」のアイディアを12月12日まで募集する。

横浜市の郊外住宅地では、都心部にはない緑の多さ等の魅力がある一方、通勤の便等から需要が低下しつつあり、相続されても使われないなど、今後も空き家の増加が懸念されているという。

同取り組みでは、空き家等を活用したアイディアを広く募集。
応募作品は、「はまっこ郊外暮らし検討会」のメンバーである有識者(不動産業界)が中心となり審査する。
2020年3月24日には、審査通過者の公開プレゼン審査(予定)と表彰式のほか、シンポジウムを開催し、郊外住宅地の特性や魅力、「若者世代の郊外暮らし」をテーマに、審査員によるパネルディスカッション等を行う。

さらに、特に優秀なアイディアについては、横浜市における施策の参考とするとともに、京浜急行電鉄では、今後の京急沿線のまちづくりで具体化の検討を行うとしている。

「はまっこ郊外暮らしコンペティション」の募集期間は2019年9月25日~12月12日。
審査通過発表は2020年3月2日(ホームページ上で発表の上、本人に通知)、シンポジウム・表彰式は2020年3月24日(公開プレゼン審査予定)。
問い合わせは、横浜市立大学 企画財務課 地域貢献担当・はまっこ郊外暮らし検討会事務局まで。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

空き家管理 代行サービス拡大。

ふるさと納税の返礼品での空き家管理は今後もっと増えてくるでしょう。

ふるさと納税の本来の趣旨にもあっているし、実家を離れた人にとって実家の管理と節税効果、実家の周辺の方にとっては適正な管理によって安心感と衛生面での効果、地域にとっては廃墟のような建物が無いことで土地の価値の下落を防ぐことになります。

少子高齢化や核家族化で増える空き家を、所有者に代わって管理する民間サービスが広がっている。解消策である利活用や解体は、多額の費用負担や相続トラブルがあると進まず、当面の手段として利用されているようだ。管理不全の状態が続けば、倒壊や火災、衛生上のリスクが高まるため、自治体にはふるさと納税の返礼品に管理代行サービスを加える例も出ている。

福岡市にある空き家を同市シルバー人材センターの会員が訪れた。庭の雑草は大人の胸まで伸び、網戸は壊れている。「木も伸びたなあ。隣の家にはみ出てる」とセンター会員の江口良太さん(70)。

この家の所有者は、転居したのを機にセンターの有料サービス「空き家・空き地見守り安心サポート」を利用。会員が月1回、家や庭の写真と破損状況を報告書にして郵送している。

江口さんは玄関や窓の施錠、郵便物も確認。所有者が望めば、除草や清掃を別料金で引き受けるメニューもある。室内の管理は鍵が必要で、トラブルの恐れがあるため対象外という。

サービスは2017年度に始まり、18年度は38件の利用があった。本年度はそれを上回る見通し。

空き家はごみの不法投棄や不審者の侵入、放火などの恐れもある。リスクは個人の問題にとどまらないため、管理代行サービスをふるさと納税の返礼品にする自治体も出ている。

ふるさと納税の仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営する「トラストバンク」(東京)によると、返礼品としてサイトに掲載された空き家や空き地の管理代行サービスは約500件に上る。17年から18年にかけては新規登録が2倍以上に増えたといい、担当者は「自治体も危機感を持っているようだ」と分析する。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

休日、大三島へ。。

先日、充電バイクの旅で出川哲朗さんと反町隆史さんが来てた大三島の大山祇神社に、お詣りに来ました。

息を止めたまま回りを3周すれば願いが叶うという御神木は工事中でした。
残念、またチャレンジします。

番組の中でお二人がくぐった生樹の御門は無事くぐれました。

パワーチャージ出来たので明日からの仕事もがんばります☺


#大山祇神社
#大三島

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

空き家狙う侵入窃盗容疑事件が連続発生。

空き家には基本高価なものは置かないこと、草が伸び放題になっていたり、ガラスが割れたままになっていると一気にネガティブな空気が覆って建物の劣化も進む気がします。

とにかく空き家になっている家の事を気にすること、心に留めておくことが空き家の劣化を遅らせます。

福岡県警田川署は24日、同県添田町で空き家を狙った侵入窃盗容疑事件が連続発生しているとして、メールで警戒を促した。署によると、容疑者は窓ガラスを割ったり、無施錠の窓などから室内に忍び込んだりしているという。署は「空き家には貴重品などを置かず、確実に施錠をして」と注意を喚起した。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

瀬戸内国際芸術祭2019伊吹島

栗林さんの伊吹島の作品少しずつアップされてます。
台風も乗り越えこれからメイクドラマということです😀

こんな作品のお手伝いが出来たことは素晴らしい経験です✨

https://www.instagram.com/takashikuri/

ぜひとも瀬戸内国際芸術祭2019 伊吹島にお越しください。

#瀬戸内国際芸術祭
#伊吹島
#瀬戸芸

若者の活動拠点が完成 空き家改修し休憩や宿泊に。

リモートワークの場として情報交換の場として拠点があると起業を進める後押しになると思います。

もっともっと若者の起業が進みますように。。。

若者の力で高齢者を支援する一般社団法人「えんがお」は23日までに、空き家を改修した休憩宿泊所「えんがおハウス」を山の手1丁目に整備、本格的な運営を始めた。若者の交流スペースとして活用し、同法人の活動に参加する市外の学生らが宿泊できる。浜野将行(はまのまさゆき)代表理事(27)は「夢に挑戦する若者が、疲れたときにゆっくり休める場所にしたい。気軽に訪れてほしい」と話している。

空き家は地域住民から譲り受けたもので、築61年の木造2階建て。えんがおの活動拠点「みんなの家」の目と鼻の先にある。1階は掘りごたつを囲んで集まれる居間、2階には男女各1部屋の宿泊部屋を確保した。

改修を始めたのは今年3月。地元住民や学生など計約50人が畳の張り替えや風呂場の修理、外壁の塗装などに当たり、今月8日、完成にこぎ着けた。

寄付金は約20万円集まった。浜野さんは「多くの人の力を借りることができ、地域づくりを『自分ごと』に感じてもらえたと思う」と感謝した。

えんがおの活動には、市外の学生や生徒が年間延べ500人参加するという。休憩宿泊所の整備は大田原まちづくりカンパニーや市中心市街地活性化協議会のアドバイスがあったといい、若者同士の交流を深め互いの意欲向上などにつなげる狙いがある。

こちらの記事は☆☆☆

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

次のページ »