村が空き家を寄付で受けてそれを無償で貸し出す取り組み。

青森県東通村の空き家問題への取組がおもしろいです。

東通村では、空き家になっている家を村が寄付として受けて、それを移住希望者に無償で貸し出す事業が始まります。

人口減少が進む青森県東通村が来年度から取り組む、空き家を活用した独自の「移住促進策」とは・・・。

持ち主から空き家の寄付を受け、移住希望者に無償で住んでもらうもので、持ち主にとっても固定資産税や相続税の節税につながるメリットがあり、全国的に珍しい取り組みという。

先日取材を受けた記事ですが、人口が少なく、下水道などのインフラが未整備の地方の場合、道路に面していないなど不便な場所にある空き家は売れないばかりか、無償で譲渡しようにも引き取り手がないケースが増えてきています。

村が来年度に始める制度では、持ち主から空き家の寄付を受けて村有財産にし、希望者に無償で住んでもらうため、希望者が持ち主や不動産業者と交渉する手間は不要になる。

今のところそのまま住める物件に限るそうですが、住むことで劣化を防ぐ効果もあり、早い決断が所有者にも、移住者にもメリットがあるいい事業ですね。

こういった思い切った取り組みは、過疎化がすすんだ地方では選択肢の一つになるかもしれません。

空き家の事ならあなたのまちの【空き家管理舎パートナーズ】にお任せください。https://www.akiyakanrisha.net/

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)