ウィズコロナ時代「ピンチをチャンスに」 首都圏からの移住促進へ

空き家活用に積極的な富山県の記事です。首都圏からの移住を考えている家族に対し市内の空き家に一週間ほど滞在してお試しテレワークをしてもらうというもの。

やはり住んでみないと分からないことが多いのが移住というもの。本来なら一年くらい移住体験するのがいいのでしょうが、なかなかそうもいかない。雪の積もる地域についてはやはり冬の寒さや雪の経験をしてからのほうがいいのかなと思います。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家活用

 

コロナ禍における自主隔離者の受け入れ可能な空き家など募集

コロナ時代の新しい空き家の活用法が出てきました。

これは去年まで全くなかったニーズともいえます。家族と同居する人が新型ウィルスに感染した時に、家以外に隔離しながら過ごせる場所が地域に点在していると安心感があります。

旅行代理店のグランディズム(東京都中野区)は、コロナ禍の中で、海外からの帰国者や来日者の支援として、PCR検査済み(陰性)者の2021年3月1日からの受け入れが可能な、民泊・旅館・ホテルの空き家の募集を2021年2月5日に始めた。 

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

国土交通省が新たな住生活基本計画案

ウィズコロナの時代、空き家に関してはテレワークや、サテライトオフィスの受け皿としての空き家の可能性が拡がりそうです。

また、破損が進む物件について特定空き家の認定を進めるとともに、除却を進める方針です。同時に空き家発生を抑えるための相談体制が進みそうです。

空き家管理士協会もいろいろな団体や自治体と連携しながら空き家対策を進めていく予定です。

国土交通省は向こう10年間の住宅政策の方向性を示す「住生活基本計画(全国計画)」の案を、国交相の諮問機関である社会資本整備審議会住宅宅地分科会に示した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けテレワークなどによる「職住一体・近接」の住環境整備や、地方、郊外、複数地域での居住推進などを明記。パブリックコメントを踏まえ、年度内に閣議決定される見通し。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

空き家の修繕やリフォームを無料にできるかも

火災保険でリフォームはできる?といった文字をSNSなどの記事で見ることが多くなりました。

そもそも火災保険は火災による被害でのみ保険が下りる、という認識を持っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、火災保険はほとんどの場合、風水害や雪害、ゲリラ豪雨などの自然災害に対しても補償しています。

最近は地球温暖化のせいなのか、一年中爆弾低気圧が発生したり、年に何度も台風が上陸したり、記録的な大雨で川が氾濫したり、家に対する被害も多く発生しています。

空き家管理の現場でも、以前は台風時期に集中していた修繕工事も、一年を通してさまざまな修繕が発生しています。

そんなときに、火災保険を使った修理をサポートすることで、所有者の負担を少しでも減らすことができればと思い、火災保険の申請サポート等を行う、一般社団法人全国建物診断サービス様と業務提携契約を締結しました。

実際の空き家管理の現場で多いのは、強風による屋根材の破損や、そこから発生する雨漏りです。

こういった修繕は、本格的に修理するとなると金額が大きくなることも多く、とりあえず応急処置をして本格的な修理は費用の面で見送る所有者も多いです。

結果的に損傷が拡大してしまう悪循環が生じているため、今回の提携で、保険が適応されることも含め、実際の管理、修繕対応が進めばと思います。

今回の提携で、空き家管理士協会が推進する空き家管理業務に関する各分野の専門知識や、法令に関する知識をもった専門家の「空き家管理士」と、一般社団法人全国建物診断サービスの「火災保険調査士」が行う建物診断や、予防修繕の経験を合わせることによって、世の中の空き家問題の解決が進むよう支援していきます。

空き家管理の物件は基本的に火災保険の加入をお願いしていますので、これをきっかけに多くの築年数が古い物件も火災保険に加入が進み、古カワイイお家の活用がすすめばと思います。

今回の提携に関するリリース記事はhttps://www.dreamnews.jp/press/0000230552/

でご確認ください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

所有者不明土地、最終的には自治体が管理

「土地所有権の国庫帰属制度」の新設 が注目されていますが、同様の自治体に寄付する傾向が進みそうです。

今回のような事例が進むと、地方の接道の問題などで放置されがちな土地が多く寄付されそうです。自治体でそういった土地をまとめてランドバンクの手法を活かして再生できれば面白くなりそうですが実際にはどうでしょう。難しいかな。

人口が減少している鳥取県日南町では、所有者が管理できずに不要となった山林を、死亡後に相続がなされず所有者が不明となる前に町に無償で寄付し、町が所有する取り組みが進む。

災害・トラブルの未然防止などもあるが、所有者不明となった場合の多大な探索コストは自治体の負担となるため、所有放棄を先に認めて町で所有した方がはるかにトータルコストは低いと見込んだという。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

移住機運高まり、空き家事業てこ入れ 長野県

移住の人気が高まる長野県で、それを受け入れる空き家が足りてないという事ですが、こういったミスマッチはあらゆる地域で起こっています。

空き家バンクへの登録件数が増えない原因の一つに不用品の多さや、登録手続きの煩雑さなどがあります。

空き家所有者の方には、物件から遠く離れたところに住む方も多く、手続きに関して役所に行ったり、地域の不動産屋さんを手配したりすることの煩わしさがハードルとなり、結局そのままにしてしまうことが多くあります。

こういった部分への補助金やサポートが進む事で、今後空き家バンクの登録が進み、移住を絡めた地域活性につながると思います。

長野県内の自治体が空き家バンク事業のてこ入れを急いでいる。新型コロナウイルス禍以降の地方への移住機運の高まりで空き家に関心が高まっているが、空き家は供給不足ぎみだった。

自治体は補助金を拡充して空き家を開拓したり、空き家バンクを補完する新サービスを始めたりするなど、移住者の受け皿確保に奔走している。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

相続空き家、放置は禁物 登記義務化23年度にも

今回の 所有者不明土地対策の関連法案 の中で注目したいのは、 「土地所有権の国庫帰属制度」の新設です。

国の審査が必要なものの、 相続人が不要と判断した土地を国が引き取る仕組みで、相続人は10年分の管理費を払う。管理費が実際いくらになるのかまだわかりませんが、これでどの程度国が引き取ることになるのか注目です。

ただ条件が更地であることや、境界の争いが無いことなど、という事で本当に手放したい土地についてはハードルが高いかもしれません。

政府が「所有者不明土地」対策を本格化させている。所有者不明土地は誰が所有しているのかが分からない土地で、相続の際に親の家や土地の名義変更をせず、長年放置することなどで発生する。

政府は不明状態になった土地の相続人の割り出しを始めたのに続き、通常国会に相続登記を義務化することなどを柱とする法案を提出する。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コマツ、選択定年制を導入 シニア副業も解禁

副業ブームは本当か。これについてはこれから本格的に動き出しそうな予感がします。

空き家管理士の資格取得者の傾向も、最近ではリタイヤ後や、早期退職後の第二の人生のやりがい的なケースが増えてきました。

これまでの豊かな人生経験を活かして、地域に貢献しながら気持ち的にも豊かな生活を送りたい、という方が増えてきたことは、地域にとっても喜ぶべきことだと思います。

そういう意味でも、今回のコマツの事例は今後、多くの企業で追随しそうな予感がします。

コマツは4月から従業員が定年時期を決める選択定年制を導入する。従来一律60歳だった一般社員の定年年齢を60歳か65歳で選べる。60歳でいったん定年退職してパートタイム型の再雇用として働く場合には副業も認める。シニア層の価値観が多様化するなか、伝統企業でも社員の柔軟な働き方を受け入れる動きが広がってきた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認ください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家副業

管理不全土地問題、自治体の6割が取り組み

空き家問題だけでなく空き地問題が深刻化。

空き家問題の第一歩は所有者の確定にあります。我々のような普通の市民は法務局でお金を払って登記簿を確認するか、空き家物件のご近所様に直接教えてもらうしかありませんでした。自治会のある地域では自治会長さんに事業の意図を説明して協力してもらう事も効果的です。

空き家の特措法以降、空き家については固定資産税の情報が利用できるようになり、行政の皆さんはずいぶん所有者の把握がしやすくなった事と思います。

空き地については 固定資産税課税情報の内部利用ができないため、所有者の把握調査に時間がかかる というのが空き地が放置される原因の一つともいえます。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き地 #空き地問題

コロナで注目、ふるさと納税返礼品に「里帰り代行」 墓参り、実家の手入れ

移動すること自体がリスクになる。そんな時代になってきました。

新型コロナの影響で実家に帰省が難しくなり相談を受けることが多くなりました。医療関係にお勤めの方は特に大変そうで業務だけでなく実家の事も心配だと思います。

1年間そのままにしていると周囲の草や木だけでなく建物自体にも影響が出てきます。台風や爆弾低気圧などの強風で屋根などに破損が出ている場合、一雨ごとに雨漏りがひどくなり、建物自体の被害が増大します。

なるべく早いタイミングで空き家管理士による適正な管理をお勧めいたします。

空き家管理士の皆さんはぜひ自治体のふるさと納税の返礼品に登録して地域の空き家を守りましょう。

ふるさと納税の返礼品で、年老いた両親の見守りや空き家となっている実家の手入れなどを代行するサービスが注目されている。新型コロナウイルスの感染拡大により帰省を自粛している人が多く利用しているとみられ、自治体への申込数が増えている。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #ふるさと納税

« 前のページ次のページ »