今度は市の条例で。。

沖縄は梅雨明けしましたね。空き家管理舎です。

先日の和歌山県に続いて今度は柏市でも空き家の管理責任が問われてます。

以下毎日新聞より

地震で隣の家へ崩れてきそうな空き家の所有者に、柏市が取り壊しなどの対策を求める市空き家等適正管理条例案を、市議会総務委員会(小島晃治委員長)がまとめた。3日に開会した市議会定例会最終日の22日に提出し、可決されれば県内初となる。
 市防災安全課には、市民から3軒について「危険だ」と苦情が来ているという。このほかシロアリやハクビシンなどの害虫・害獣が住みついたり、雑草や樹木が茂って近所が迷惑を受けているケースも多数ある。従来も市は所有者が分かれば対策を求めてきたが、相続した子世代が遠隔地に住んでいたり、経済的な理由から放置されることも多い。
 市議会は2月に条例制定の請願を町会から受け、3月に賛成多数で採択した。「所有者の責任を条例ではっきり定めるべきだ。市の提案を待たず、議員提案で条例化したい」と内容の検討を重ねてきた。
 市は所有者に対し段階を踏んで助言→指導→勧告するが、それでも改善されない場合は市のホームページと広報紙で所有者名を公表する。

空き家から広がるシロアリ被害はかなり多くあります。あと猫が住みついて近所へのフン害というのも結構あります。

どちらにしても近所の皆さんにとっては非常に心配な問題です。

円滑な人間関係のためにも取り得る対策はとっておきましょう。

今日のラッキー 今夜は食事会。すき焼きです。ラッキー

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)