「第2のふるさとプロジェクト」が始動

マイクロツーリズム、ワーケーションなどで「新たな旅のスタイル」の普及、滞在型観光の広がりなどウイズコロナの新しいビジネスが芽吹いてきました。

この事業は、国内観光需要を掘り起こし、みなさんが「第2のふるさと」を作り、「何度も地域に通う旅、帰る旅」という新たなスタイルを推進・定着させ、「稼げる地域」地域活性化を図るというもの。

滞在型コンテンツの開発や、古民家活用や空き家の再生による滞在環境の整備、観光型MaaSやサブスクリプションプランによる移動の確保などを通じて、地域が一体となった活性化

をめざすものです。

「第2のふるさとプロジェクト」モデル事業の公募が終わり、どんな事業が出てくるのか楽しみです。

今後、国内旅行に関しても空き家や古民家の活用と体験型のコンテンツが中心になりそうですね。

空き家の事ならあなたのまちの【空き家管理舎パートナーズ】にお任せください。https://www.akiyakanrisha.net/

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)