所有者不明土地、最終的には自治体が管理

「土地所有権の国庫帰属制度」の新設 が注目されていますが、同様の自治体に寄付する傾向が進みそうです。

今回のような事例が進むと、地方の接道の問題などで放置されがちな土地が多く寄付されそうです。自治体でそういった土地をまとめてランドバンクの手法を活かして再生できれば面白くなりそうですが実際にはどうでしょう。難しいかな。

人口が減少している鳥取県日南町では、所有者が管理できずに不要となった山林を、死亡後に相続がなされず所有者が不明となる前に町に無償で寄付し、町が所有する取り組みが進む。

災害・トラブルの未然防止などもあるが、所有者不明となった場合の多大な探索コストは自治体の負担となるため、所有放棄を先に認めて町で所有した方がはるかにトータルコストは低いと見込んだという。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)