移住機運高まり、空き家事業てこ入れ 長野県

移住の人気が高まる長野県で、それを受け入れる空き家が足りてないという事ですが、こういったミスマッチはあらゆる地域で起こっています。

空き家バンクへの登録件数が増えない原因の一つに不用品の多さや、登録手続きの煩雑さなどがあります。

空き家所有者の方には、物件から遠く離れたところに住む方も多く、手続きに関して役所に行ったり、地域の不動産屋さんを手配したりすることの煩わしさがハードルとなり、結局そのままにしてしまうことが多くあります。

こういった部分への補助金やサポートが進む事で、今後空き家バンクの登録が進み、移住を絡めた地域活性につながると思います。

長野県内の自治体が空き家バンク事業のてこ入れを急いでいる。新型コロナウイルス禍以降の地方への移住機運の高まりで空き家に関心が高まっているが、空き家は供給不足ぎみだった。

自治体は補助金を拡充して空き家を開拓したり、空き家バンクを補完する新サービスを始めたりするなど、移住者の受け皿確保に奔走している。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)