コマツ、選択定年制を導入 シニア副業も解禁

副業ブームは本当か。これについてはこれから本格的に動き出しそうな予感がします。

空き家管理士の資格取得者の傾向も、最近ではリタイヤ後や、早期退職後の第二の人生のやりがい的なケースが増えてきました。

これまでの豊かな人生経験を活かして、地域に貢献しながら気持ち的にも豊かな生活を送りたい、という方が増えてきたことは、地域にとっても喜ぶべきことだと思います。

そういう意味でも、今回のコマツの事例は今後、多くの企業で追随しそうな予感がします。

コマツは4月から従業員が定年時期を決める選択定年制を導入する。従来一律60歳だった一般社員の定年年齢を60歳か65歳で選べる。60歳でいったん定年退職してパートタイム型の再雇用として働く場合には副業も認める。シニア層の価値観が多様化するなか、伝統企業でも社員の柔軟な働き方を受け入れる動きが広がってきた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認ください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家副業

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)