相続した不動産をセカンドハウスにする手順。

空き家管理舎では『空き家を別荘に』というミッションを進めていますが、正確にはセカンドハウスにするほうがお得なことが多いです。

セカンドハウスと聞いて別荘を思い浮かべる方が多いかと思います。セカンドハウスは主に居住用で、概ね月に一回以上は使っていることが多く、別荘は保養や遊興のために持っている物件といえます。

セカンドハウスも別荘も、他の一般住宅同様に固定資産税や不動産取得税などが発生しますが、居住用財産として認められているセカンドハウスの場合、一定の条件を満たしていれば、税の軽減措置や優遇税制の恩恵を受けることが可能です。

この記事では、田舎の相続不動産をセカンドハウスにする手順と固定資産税を減税できる仕組みについて解説しています。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家セカンドハウス #セカンドハウス

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)