農地付き空き家の取引規制を緩和。

地方の空き家では、農地が付いているものも多くあります。

場所がよかったり使いやすい農地は、地元の農家さんや農業法人などが引き取ってくれますが、場所が悪かったり、小さい農地についてはほったらかしになり、耕作放棄地になるケースも多いです。

一方で空き家を探している人で、自分たちが食べられるだけの作物が作れる小さな農地を求めている人も多いです。そういったニーズに応えることができると農地付き空き家のハードルが下がって利用しやすくなりますね。

福島県郡山市は農業委員会と連携し、農地の付いた空き家を移住やリタイア後の新規就農を希望している人が取得しやすくなるよう農地法に基づく規制を緩和した。

農地法では原則として取得後に5千平方メートル以上耕作できる人でなければ農地を取得できないが、空き家と一体の場合、この基準を1平方メートル以上に引き下げた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)