郵便局員が空き家調査

これ今後も進むかもしれません。郵便配達している人の情報は馬鹿になりません。細い路地も縦横無尽に走っている皆さんの労力を、配達だけでなく社会問題の解決にも活かせる 方法かと思います。

同様のケースはほかの業界にも横展開できる事例です。

情報収集からスムーズな収益化ができれば新しい事業になり得るかと思います。 

郵便局の配達員が集配業務をしながら空き家を見つけ、情報通信技術(ICT)を活用してデータを蓄積する実証実験が、全国で初めて東松島市で始まった。

市が把握する全ての空き家の現況を調べ、新たに空き家となった物件も見つける。情報を受けた市は、対策や移住・定住施策に生かす。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)