セーフティネット住宅整備 大阪府が突出

セーフティネット住宅とは、「住宅セーフティネット制度」に基づき登録され、高齢者、障害者、子育て世帯などの入居を拒まない賃貸住宅のことです。

国は、2021年3月までに17万5000戸を登録目標に掲げた。ところが、3月16日時点での登録はまだ2万6026戸にとどまる。目標のわずか14.9%である。1年後の目標達成は難しいと思われます。

厚生労働省は3日、「第4回精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会」を開催。

2017年創設の新たな住宅セーフティネット制度の状況が公表され、都道府県別では大阪府が2万414戸と突出して多いことが分かった。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)