豪雨被災の空き家が問題化 片付け進まず

災害時の復興・復旧の妨げになることが多い空き家問題。

こういう場合に強制的に解体できるなど、スムーズに対応できる法律などの整備が必要なのかもしれません。

7月の豪雨で甚大な被害が出た熊本県南部で、被災した空き家が問題化している。所有者が遠方にいたり、連絡が取れなかったりして片付けが進まず、危険な状態で放置される恐れがあるからだ。

こちらの記事は☆☆☆でご確認ください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)