改正土地基本法で所有者が管理責任を問われる

今回のケースでは、近隣の土地や建物が管理不全に陥っているといった、「相手が共有者」のために迷惑を被った、あるいは被っているという問題の解決策をお伝えします。

2020年4月に「改正土地基本法」が施行され、所有する意思の如何(いかん)を問わず、所有者が管理の責務を問われることになりました。

そして今後、関連したルールについては大きく変更が加えられることが予想されます 。

詳しくはこちらの記事☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)