つばめの巣を撤去すると法律違反?

例年この時期空き家を巡回してるとツバメの巣を発見することがよくあります。

昔から「ツバメが巣を作る家は繁栄する」といわれたりしますが、最近は巣作りによるフンの被害などの衛生面で空き家の所有者の皆さんはできれば来てほしくないと思われていることがほとんどです。

気持ち的に巣を潰したいけれど、卵を産んでいる、もしくはヒナがいたりすると「鳥獣保護管理法8条」に違反になります。

鳥獣保護管理法では、自治体の許可なく卵やヒナがいる巣を壊した場合は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられます。

という事で巣ができてしまったらヒナが飛び立つのを待って巣を除去し、来年に備えた対策をします。

ネットなどを張ることが多いですが、こういった専門の業者さんもいます。

気になる方は☆☆☆をご参考にしてください。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)