民泊が難しい時代の新活用

新型コロナウィルスの影響でインバウンドの受け皿として盛り上がっていた、空き家を民泊に活用という事業が非常に厳しい状況になっています。

そんな中での福祉転用の話ですが、介護事業者についてもコロナの影響は大きく、 アンケート調査ではデイサービス事業所の90%余りが「影響を受けている」と回答しました。デイサービス事業所の中には、コロナショックによる経営悪化で撤退するところも出始めていて、専門家は「必要なサービスを受けられない事態にならないよう経営支援が必要だ」と指摘しています。

空き家活用と介護事業の経営安定化を同時に進めることが今後のウィズコロナ時代の課題かもしれません。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)