「空き家所有者」の意識・実態に関する調査

首都圏の空き家所有者の 意識・実態についての調査が興味深いです。

活用したいという人が7割にも及ぶ、というのが思ったより多く、空き家の活用が以前より一般的になったなあという印象です。

あと空き家の放置リスクに関する意識が、若いほうが高く、年齢が高くなるほど意識が薄くなるというのは興味深い結果でした。

主なポイント

・空き家に対するイメージ                                                       
空き家に対するイメージは「お金」に関連するネガティブなイメージが先行

・空き家活用の意向                 
全体の7割以上が自己所有の空き家を「活用したい」という意向

・空き家放置の理由
空き家放置の理由、トップは「金銭面の不安」、次いで「なにをしていいのかわからない」

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)