自宅を売って1000万円で「美しい農村」に引っ越し、夫婦は崩壊した

空き家を買って田舎暮らしにあこがれている方も多いですが、うまくいかなくてすぐに戻っていくケースも多いです。

「お試し田舎暮らし」などの事業をうまく利用するのも一つの方法ですが、あえて田舎一本でいくのではなく、2地域居住、多地域居住を選択することをお勧めします。

移動コストがかかるというデメリットもありますが、定期的なリフレッシュができたり、多様な人たちとつながったりできるメリットもあります。

「都会の喧騒を離れ、八ヶ岳や南アルプスの名峰に囲まれた自然豊かな場所で、畑で野菜を作って自給自足で暮らす生活を夢見ていました。ところが、現実はそんなに甘いものではないことにすぐに気づきました」

最初の誤算は、田舎暮らしは思ったよりもおカネがかかるということだった。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)