「住まいの終活」の認知は3割

「終活」に関する、興味ある意識調査の結果が掲載されていたので紹介します。

いわゆる空き家の予備軍といわれる、高齢者単身世帯と高齢夫婦世帯の合計約1,400万世帯 という事で「終活」の中でも「住まいに関する終活」の意識がこれからの空き家市場に大きな影響を与えます。

今回の調査で、何から手を付ければいいかわからない状況のなかで、とりあえず劣化を防ぐために管理はしておこう。という流れはまだまだ続きそうですね。

50歳以上の男女536名に対して「住まいの終活」に対する意識についての調査で、「終活」の認知が9割の一方で、「住まいの終活」については3割にとどまった。

その3割の中で必要と感じた人は8割、だけど対応策を決めている人は約1割、と対応は進んでいない。

また、不安を感じている人は6割強で、内容はお金に関することや何から手を付けたらいいかわからない・・・。

こちらの記事はこのプレスリリース☆☆☆でご確認下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)