空き家予備軍が約1,400万戸。祖父母の空き家を再生。

祖父母の家というのは、ほぼ空き家になる可能性が高いですね。

平成28年時点で、高齢者単身世帯は約656万世帯、高齢夫婦のみ世帯が約753万世帯という事で合わせて約1400万戸もあります。

今後、この空き家予備軍といわれる、祖父母の家がどんどん空き家化していきます。

こういった物件の中でその地域、建物の特徴などにより様々な活用法があると思います。

空き家になる前にどういった活用をするかという事を専門家に相談したり、家族で話し合ったりすることをお勧めいたします。

豊岡市城崎町湯島の温泉旅館街の古民家を改修し、金・土曜と祝前日のみ営業する一棟貸しの「実家宿きのいえ」がオープンした。

市のビジネス相談窓口「IPPO TOYOOKA」の支援を受け、空き家だった祖父母宅を再生した。「1日1グループ(2~8人)限定で、台所で料理ができ、城崎の実家暮らしを体験できる“実家宿”です」とPRする。

詳しくはこちらの記事☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)