空き家問題はやはり相続問題

空き家問題のなかで 理由として圧倒的に多いのは、両親が住んでいた自宅(実家)を「相続」するケースです。

相続人となった子供たちが、実家を離れ暮らしている場合には、その家に誰も住む人がいなくなり「空き家」となってしまいます。

子供たちも遠方に住んでいるため、誰も管理することができず、そのまま空き家状態の実家が放置され雨風によってボロボロに老朽化して放置してしまうことが空き家問題の本質的部分だと思われます。

協会に寄せられる相談も、大半がこの相続に関して空き家のなった物件の相談です。

こちら☆☆☆の記事もそんな相続と空き家の関する記事です。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)