空き家予防へ介護施設団体と協定。

山形はランドバンクの先進地ですね。既存の住宅が空き家になるタイミングで多いのがこの高齢者が施設にはいるタイミングです。

その前にマッチングが行えるとスムーズに利活用が進みますね。

こういった流れは今後も増えてくるでしょうね。。

山形県上山市は25日、234施設が加入する県老人福祉施設協議会と空き家対策で連携する、県内初の協定を結んだ。高齢者が施設に入る前から、住居を利用したい人とのマッチングを行い、空き家の発生を未然に防ぐ。

上山市は空き家対策を強化中。6月には、宅地建物取引士や司法書士など、空き家活用に関する専門家集団としてNPO法人「かみのやまランドバンク」を設立。7月には、将来使わなくなる見込みの住宅や別荘を所有者が登録し、利用者を探す「住み替えバンク」を市のホームページに設けた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)