突然の迷惑相続、その実態は

今後、地方においては相続放棄が増えてくることが予想されます。

相続放棄した空き家はどうなるのか・・・。

相続放棄で 相続する人がいなくなった不動産は、国庫へ帰属させる手続をとることになります。
しかし、手続きが煩雑なうえ多額な費用を要するため、うまく機能しておらず、所有者がいなくなった家もそのまま放置されているのが現状です。

そのような空き家を災害時の避難所や仮設住宅、家を借りにくくなった高齢者や障害を持つ人たちに借りやすい環境を整えることができればと思います。

ある日突然、身に覚えのない相続の案件に巻き込まれてしまう。見知らぬ不動産や多額の借金の相続人であると突然連絡があり、調べてみると全く交流がなかった親族からの相続だった。そんな経験をした人が相次いでいるという話を聞きました。インターネットで調べてみると、確かに「突然やってくる相続」「負の相続」といったことばとともに悩み相談の事例がたくさん紹介されています。

詳しくはこちらでご確認下さい。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)