アルツハイマーカフェとは・・・・。

オランダでは、認知症症患者とその介護にあたる家族やケアの専門家やケア施設のスタッフなどが月に一度集まる「アルツハイマーカフェ」というシステムがあります。

システム化されたプログラムと運営方法により、アルツハイマー協会により普及され、各町の公民館やカフェ、レストランで月に一度開催されています。ここでは上記のように認知症の人だけではなく、その人にかかわるその他の方々も参加することで、より大きなネットワークを生み、困難や知識を皆で共有するセイフティーネットの役割となっています。

この「アルツハイマーカフェ」アイデアのいくつかは「認知症カフェ」として日本で実践されていますが、この受け皿として空き家を活用できれば今後空き家問題と高齢者の問題も前進するのではないでしょうか。

詳しくはこちらの記事で☆☆☆

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)