古材から生まれる、唯一無二の空間。

空き家の管理をしているといろいろな相談を受けます。

管理をするには劣化が進んでいる場合、最終的に解体の提案をすることもあります。

そんな時に、構造材の古材を丁寧に取り出して流用するという選択もあります。

古民家の場合、梁などに今ではなかなか使わないような味のある古材をよく見かけます。

そういう古材を新たなステージで活躍させる話です。

場合によっては高価な金額で引き取ってくれることもあるのでぜひ覚えていたほうがいいですね。

こちらの記事は☆☆☆で。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)