デュアルライフは暮らし方を大きく変える

働き方が大きく変わりつつあります。これからのライフスタイルも大きく変わりそうです。

アメリカのように2軒目まで税制で支援するようになれば空き家問題がもはや問題でなくなる可能性もあります。

デュアルライフ(二地域居住)は暮らし方を大きく変える。海外に目を転じると、ニューヨークやワシントンD.C.などアメリカ北東部に住む人が冬場の寒さが厳しい季節に暖かいフロリダに南下する。

金銭的に余裕のある人たちが季節によって拠点を移す例である。米国では、住宅減税として2軒目までの借入金利息を所得控除できるなど、税制面から二地域居住を支援。

ロシアでは昔からダーチャと呼ばれる別荘があり、丸太などを材料に定期借地に建てた別荘は一般労働者階級でも保有している人がめずらしくない。過去の食料危機にあっては、そのダーチャで野菜などを作り、ピクルスにして食べたりして食料危機を乗り切ったことがあったと振り返る人も‥‥‥。

一方の日本にあっても、最近は週末に非日常を味わい自分をリセットして都会に戻る、といった二地域居住が注目を浴びるようになってきている。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)