広島県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

広島県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

広島県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 1,393,500戸

空き家数 221,300戸

空き家率 15.90%

その他の空き家(対象物件) 101,400戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  101,400×0.04 →4,056戸

広島県の空き家に現時点で、4,056戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの4,056戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、811戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は13箇所必要と思われます。

現時点で広島県のビジネスパートナー様はまだまだ2社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)