神戸市が「空き家おこし協力隊」委託事業者を募集します

この記事を見て「空き家おこし協力隊」って言葉を初めて知りました。

最近地域おこし協力隊の方が、「空き家管理士」の資格を取って、地域の空き家管理から活用を進めるというケースが増えてきました。

そんななかで、空き家対策で先進的な神戸市が、「空き家おこし協力隊」の運営委託事業者を募集開始しました。

https://www.city.kobe.lg.jp/a01110/387182994514.html

いろんな地域で「地域おこし協力隊」の募集は行っていますが、空き家の活用に特化した空き家おこし協力隊というのは非常に面白い取り組みだといえます。

個人的にも、空き家を使った地域の拠点づくりのお手伝いをしたりしていますが、これまでと違った見方で空き家を見てくれることがすごくうれしい瞬間です。

今後の空き家おこし協力隊に注目です。

空き家の事ならあなたのまちの【空き家管理舎パートナーズ】にお任せください。https://www.akiyakanrisha.net/

家の健康状態を確認する【空き家管理カルテ】機能を追加!

空き家管理舎では、現在『空き家管理舎オンライン』で提供している管理報告サービスに、住宅カルテ機能を4月1日に追加いたしました。

■空き家管理カルテを活用するメリット

・売却時に修繕記録、点検結果などの書類が保存されていることで建物価値の適正な評価やスムーズな売却ができる

・不具合が発生した際に、修繕時の情報があれば、原因を特定する際の参考になる

・耐震改修や省エネ改修を検討する際に、過去の修繕記録から現状を把握することで必要な工事の内容を効果的かつ的確に計画できる

管理期間中の破損履歴や修繕履歴を共有することで、これまでの空き家の「価値を維持するサービス」から「価値を上げるサービス」に挑戦します。

https://atpress.ne.jp/news/304913

空き家の事ならあなたのまちの【空き家管理舎パートナーズ】にお任せください。https://www.akiyakanrisha.net/