母の日に空き家管理舎のギフトサービスはいかがでしょう。

普段離れて暮らすご両親に日頃の感謝をこめて≪空き家管理舎のギフトサービス≫を贈りませんか!

体力的に辛そうにしているけど遠距離にいるので・・・・とあきらめないで是非≪空き家管理舎のギフトサービス≫で親孝行しませんか!

例えば

・屋根にかかっている枝を切ってほしい

・リモコンの電池を入れ替えてほしい

・蛍光灯を取り換えてほしい

・雨樋に落ち葉が溜まっているのを除けてほしい

・庭の草取りしてほしい

・庭木の毛虫などの害虫駆除をしてほしい

など、滞在時間内にご依頼いただければ対応いたします。

空き家の事ならあなたの街の空き家管理舎パートナーズにお任せください。

空き家問題に【ランドバンク】は有効か・・・。

空き家になっているお家を調査に行くと、そのエリア自体に空き家が多いことが分かります。

〈空き家の横に空き家あり、空き家の裏に空き家あり〉

こういったケースをよく目にします。

なぜこういったことが起こるのか。。。

理由の一つに接道の問題があります。

接道義務とは・・・建築基準法第43条で規定されていて、都市計画区域内で建物を建てる場合、原則として幅員4m(特定行政庁が幅員6m以上を道路として取り扱う区域は6m以上)の建築基準法上の道路に、2m以上接した敷地でなければならないという事です。

基本的に、接道義務を満たしていない土地には建物を建てることはできません。

という事で、このような土地に建っている空き家は、取り壊すとその土地に新しい家が建たないという事になります。

そういった理由から、ついつい対応が後回しになってしまうということが空き家問題の原因の一つとも言えます。

こういう問題を解決する一つの手法として注目されるのが【ランドバンク】というものです。

ランドバンクとはもともとアメリカで空き家や、所有者・管理者が不明な土地建物を取得・管理する受け皿として設立された政府機関です。

1970年代に設立され、その後ミシガン州、オハイオ州などで発展しました。2008年のリーマン・ショックによる金融危機後は、空き家の増加により新たな設立の動きが急速に進み、いまでは全米に広がっています。

日本では山形県の『つるおかランド・バンク』での活動が有名です。

つるおかランド・バンクでは、空き家についての相談を受け、解体や前面道路拡幅が可能か検討する。または、再利用可能な空き家は改修等を行い売却を促す。

小規模ながら、それを連鎖させて再編し、住み良い住環境に整備するのが目的です。

こちらでの活動は、日本中から注目されています。

つるおかランド・バンク

旧耐震建築物(1980年以前)に関しては、4割近くが接道条件の悪い敷地に立地しているといわれています。

このような、放置されやすい条件の空き家に関しては、今後つるおかランド・バンクのような手法が効果的だと思います。

特に込み入った土地での空き家問題には効果があると思います。

ただ、所有者が多数にわたることで、意見の調整や集約に苦労するケースも多そうです。

この辺りを行政が積極的にサポートしてくれれば面白くなりそうですね。

不動産を「負動産」に変えない活動をこれからも注目したいと思います。

空き家の事ならあなたの街の空き家管理舎パートナーズにお任せください

#空き家 #空き家管理 #空き家問題 #空き家対策

相続放棄をした「空き家の解体費用」は誰が払うのか問題について。

空き家に関する相談の中から。。

ある日突然空き家の所有者になってしまい、どうすればいいかわからず困っている・・・。そういった相談を受けることも増えてきました。

一般的に、両親からの相続により空き家の所有者になる、というケースが非常に多いです。

しかし、よく知らない家を相続したものの、その家には一度も行ったことはないし、その土地に特別なんにも思い出もなければ、思い入れもないことも多い。

トータルで考え結局、相続放棄という選択をすることもありますが、空き家の問題は相続放棄してもなかなか解決しません。

相続を放棄したので、空き家に関する特措法も自分には関係ない、と思われている相続者が多いですが実際のところはどうでしょう。

『相続放棄した空き家』について、特措法などで解体をせまられた場合、その解体費用は誰が払うのかという問題です。

相続放棄をした法定相続人は,「所有者」には該当しませんが,この場合でも,相続財産管理人が選任されるまでの間は,自己の財産と同一の注意義務をもって管理する義務があり,「管理者」に当たると考えられています

空き家等対策の推進に関する特別措置法は,空き家等の「所有者又は管理者」に対し,周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう,空き家等の適切な管理に努めるべき責務を課しています。

つまり役所の指導に従わずに代執行の処分を受けた場合、解体費用の請求は管理者である相続人に行われるということです。

また、民法第940条第1項「相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となったものが相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない」とあります。

つまり、相続財産管理人が決まるまでの間に空き家が倒壊したり、放火やごみの不法投棄などが発生して近所とトラブルになった場合、相続放棄をした人が責任を負わなければいけないということです。

一般的なイメージでは、相続を放棄すればそこですべてのことから逃れられると思いがちですが、実際はそう簡単にいかないのですね。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家トラブル #空き家相続

空き家で出会った花たち

今日も空き家の巡回先でいろいろな花たちに出会えました。

あまりにかわいいので刈るのは来月にしたところもあります。

誰も居なくても草花は春が来れば花を咲かせるし、虫は飛んできてます。

毎年の事ですが、この時期は新しい年度を迎えてワクワクしますね☺️