空き家対策に先手サービス続々

空き家管理のサービスは、少しずつ早い段階での取り組みが加速してます。いわゆる『空き家予備軍』への働きかけが進んでいます。

実際には空き家になる前に、ある程度方向性を決めておくことを勧めるものですが、実際の場面ではなかなか難しいというのが現状です。

空き家管理の現場ではとりあえず今のところ、このまま資産価値を維持しながら保有しておきたい、というニーズにお応えするとともに、新しい活用の提案をしていきたいと思います。

空き家の発生を抑える新サービスが続々と登場している。 空き家の状態が長期にわたって続くと売却や賃貸が難しくなることから、空き家になる前に次の住み手を探す取り組みが広がっている。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家問題 #空き家対策

相続した不動産をセカンドハウスにする手順。

空き家管理舎では『空き家を別荘に』というミッションを進めていますが、正確にはセカンドハウスにするほうがお得なことが多いです。

セカンドハウスと聞いて別荘を思い浮かべる方が多いかと思います。セカンドハウスは主に居住用で、概ね月に一回以上は使っていることが多く、別荘は保養や遊興のために持っている物件といえます。

セカンドハウスも別荘も、他の一般住宅同様に固定資産税や不動産取得税などが発生しますが、居住用財産として認められているセカンドハウスの場合、一定の条件を満たしていれば、税の軽減措置や優遇税制の恩恵を受けることが可能です。

この記事では、田舎の相続不動産をセカンドハウスにする手順と固定資産税を減税できる仕組みについて解説しています。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家セカンドハウス #セカンドハウス

住まなくてもいい、壊してもいい 奥多摩町の「0円空き家バンク」

空き家バンクといえば住民票を移して定住するというのが前提のケースが多いし、補助金なども定住が前提という事が多いですが、そんな中で、済まなくてもいいという0円物件が人気という事です。

実際の現場でも空き家バンクに登録するには傷みが激しかったり、家屋の一部が崩れかかっているために登録できないというケースがあります。そんな場合の選択肢としてこういった「0円空き家バンク」という選択も今後増えてくるかもしれませんね。

空き家の管理に困って無料でも手放したいという家主と、アトリエなどとして使いたい人を結び付ける奥多摩町の「0円空き家バンク」事業が好調だ。

昨年4月の開始以来、登録された物件3軒のうち1軒が契約済みで、残る2軒も交渉中。空き家が欲しいという人の登録は50人を超えた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家バンク #0円空き家

空き家侵入し物色した疑いで43歳男逮捕。。

冬になるとこういった記事を見かけることが多くなります。なかには空き家に侵入して茶器や美術品等を盗むケースなどもあります。

ガラスを割って侵入された場合、割れたガラスに気づかずそこから新たな不審者が入り込んだりして2次的被害が起こることもあるので非常に危険です。

我々も巡回時に異常を発見した場合は、まずは依頼者に報告、その後速やかに管轄の警察署に報告することを徹底しております。

阿波吉野川署は13日、徳島県吉野川市のアルバイトの男(43)を邸宅侵入と窃盗未遂の疑いで逮捕した。

 昨年9月初旬から10月中旬の間に、大阪府在住の60代会社役員男性が所有する吉野川市内の空き家に侵入し、室内を物色した疑い。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家被害 #空き家問題

“空き家の水道管”が凍結破損…水漏れ

冬になると定期的に話題になる空き家の水道管破裂についてですが、気温がマイナス4℃以下になるような地域ではこういった水道管破裂の危険があります。

空き家管理の現場では水道の通水作業が基本作業の中にありますが、これは基本的に年に数回程度帰省されたりして空き家利用をしているケースが多いことから、水道の契約をしていることがほとんどだからです。凍結防止という面では水抜きなどがありますが、古い家屋の場合で給水管に鉄管部分がある場合、 水抜きをすることで腐食が進む事があり逆効果になりかねません。

契約時の確認事項で凍結の可能性がある地域では、メーターボックスに止水栓があれば普段は締めておいて、空き家管理時には止水栓を開け各蛇口から1分程度通水を行い錆などの付着を防ぐのがおすすめです。

京都市右京区では、寒さの影響で水道管が破損するなどして、約900戸で断水しています。

 京都市によりますと、山間部の京北周山地域では、1月11日の夜から空き家などの水道管が凍結して破損し、各地で水漏れが起きました。このため地域に水を供給している配水池の水がほとんどなくなり、供給することができなくなっているということです。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

生産緑地指定のメリット・デメリットとは

首都圏などで、なんでこんなところにこんなに広い農地があるんだろうと・・不思議に思ったことがあります。今思えばそれがいわゆる生産緑地だったという事です。

生産緑地の指定を受けると、固定資産税が非常に低額となるほか、相続税・贈与税の納税猶予などの優遇などが適用されます。

その代わり30年間は売れないし、担保にもならない、宅地造成や建物の建築などは市町村の許可が必要になります。

しかし、1992年の生産緑地の指定から28年が経ち、農家を取り巻く環境や社会生活そのものも大きく変化しました。

当時地主だった皆さんも高齢化し、子供たちは農業以外の仕事についているケースが大半となり、農業後継者がいない状態となっています。

当初、1980年代後半の大都市を中心とした急激な地価高騰から住宅・宅地供給が重要課題となり、市街化区域内の農地は 「宅地化すべきもの」とされましたが、都市農地の位置づけも都市環境改善の視点から、緑地や公園、緑地を保全したいと「都市にあるべきもの」に変更されました。

背景には、後継者問題などから2022年以降多くの生産緑地が買取を申し出て、一気に宅地化が進むのではないかという話題が以前からもちあがっていました。このままでは今まで守ってきた緑地を造成して新たな宅地が乱立しそうだなと危惧されていました。

近年では、首都圏の農業を取り巻く社会情勢や都市環境は大きく変化してきています。食の安全への意識の高まりとともに、地産地消など身近な農地で生産された新鮮で安全、安心な農産物の供給が高く評価されています。
またライフスタイルや生活に対する考え方の変化から、新たに農業を起業する若者も増えてきました。

そこで2016年5月、「都市農業振興基本計画」が閣議決定され、都市部にある農地が当初の「宅地化すべきもの」から、防災、良好な景観の形成、農業に関する学習の場とする「都市にあるべきもの」へ転換され、保全の強化が始まったのです。

こちらは☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

空き家問題に「片づけながら買取る」手法

空き家が放置される原因の一つに、空き家の中の不用品の多さがあります。

家の中がモノであふれていて、片付けしたいけど何から手を付ければいいかわからない、という事からついつい後回しになって今に至る・・・。そんな現場をいくつも見てきました。

自治体によっては空き家の不用品処分に補助金が出るところもありますが、それにしても、要るものと要らないものも分別が大変です。特に空き家になっているお家では、かなり昔の、今60歳の人が幼稚園の頃の本やらくがき帳などが残っていたりと、分別するのも一人ではらちが明かないことも多いです。

今回のケースでは最初に不用品の中から価値のあるものを買取してもらい、不用品の移動や片づけを手伝ってくれるというものです。

片付けるきっかけとしてこういうサービスを利用するのも一つかもしれませんね。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

緊急事態宣言 感染拡大防止へ再びテレワーク徹底の動き

前回の緊急事態宣言では一気にテレワークが一般的になりました。単なる働き方改革というよりライフスタイルそのものの考え方が一気に変わった気がします。

空き家を取り巻く環境も、今ままでのニーズから一気にキーワードにテレワークを絡めたものが増えてきました。自治体のほうもワーケーションの受け皿として空き家を使ってもらうための補助金などを準備するところが増えてきてます。

首都圏を中心に新規の感染者の報告が過去最多の状況が継続している感染時状況から、8日から来月7日までの31日間、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に緊急事態宣言を行うとしています。 また緊急事態宣言を受けて、企業の間では在宅勤務などのテレワークを再び徹底する動きが出ています。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家テレワーク

“空き家”に1年住んでわかった「5つのこと」

記事の中では、巨石やツキノワグマなど、かなりレアな部分はありますが、概ね地方の空き家を個人で安く借りた場合にありがちな話です。このケースは畑もついているという事で畑の世話もしないといけません。

実際に住んでみると、冬の寒さやネズミの出没、ご近所付き合いなど、いろいろありますがこういった経験を面白がることができれば田舎暮らしは充実したものになりますね。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家移住

無人駅でチェックイン、古民家時間を体感。

地方の無人駅の活用方法も様々ですが、なかなか面白い取り組みがこちらです。

沿線の空き家をホテルに活用して駅でチェックイン、チェックアウトできるというのがありそうでなかったところですね。JRの新しいビジネスモデルになるかもしれません。

JR東日本スタートアップなどは、沿線に点在する空き家をホテル客室に改修し、沿線全体をホテルに見立てる沿線活性化事業「沿線まるごとホテル」を本格展開。2021年2月17日~3月31日、JR青梅線の東京・多摩エリアで実証実験を始める。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家活用

次のページ »