リモートワークにより加速する若者の多拠点志向。

この中でも触れられている、観光以上移住未満の「関係人口」の増加に空き家を活用する施策が2021年は加速しそうです。

これについては民間企業がメインで行動して、行政は後ろからそっとサポートという形がいいんでしょうね。

空き家管理士の皆さんも、来年は活用について「関係人口」の増加をキーワードに進めてみてはいかがでしょう。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

#空き家 #空き家管理 #空き家活用

自治体悩ます空き家問題。。

地域おこし協力隊の皆さんの活躍がいろんな地域で聞かれるようになりました。

今まで地域の中だけで侃々諤々していたところに、外の目のフィルターを通すことで今までと全く違う見え方がすることが分かってきました。

空き家バンクの対応などは特に外の目が大事な部分だと思います。実際に移住した人の意見として伝えることが、何よりリアルな意見として信頼されるところだといえます。

協力隊だったのは、大阪市から移住した白濱亜聖さん。ちょうど白濱さんが協力隊になった3年前から、町が空き家対策で、県の空き家バンクの活用を開始。

物件の所有者と交渉して登録物件の確保、入居希望者の問い合わせや現地案内の応対も多くの活動のひとつとなり、3年間で33軒を登録、15軒に新たな住人を迎え入れた。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

#空き家 #空き家管理 #空き家問題

空き家を改修、「家庭的」な児童養護施設に。

空き家の活用法はいろいろありますが、今回のような施設への活用も面白いと思います。以前お年寄りの施設に活用しようという話があった時に、同じように家庭的な生活を送りたいという意見が出てたのを思い出しました。

いずれも、これからの時代に無くてはならない施設ですし、ストックの有効活用という面でまさにマッチしたものだといえます。

親と暮らせない子どもが生活する児童養護施設の環境をより家庭に近づけるため、政府は施設の代わりに空き家の活用を促す事業を始める。

自治体が不動産業者と施設運営者を仲介し、土地や建物の取得をすすめることで、少人数で家庭的な生活を送りやすい施設を増やすねらいだ。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

#空き家 #空き家管理 #空き家活用

空き家窃盗、昨年の2.4倍に。

我々が管理する物件については基本的に貴重品の無い状態での依頼をお願いしております。そのうえで空き家とわかりづらい状態での管理を行っております。

具体的に、郵便受けにテープを張らない、郵便受けにDMなどを溜めない、雨戸を締め切らない、外から見える網戸や障子などが破れたままにしない、玄関周りの草をこまめに取り除く、落ち葉などが吹き寄せられたままにしない、などに気を付けています。

これは窃盗だけでなく、不審火の防止にもなります。

香川県内では今年、空き家や寺社など人がいない建物を狙った窃盗事件が116件に上りすでに昨年の約2.4倍に増えている。

県警によると、空き家などを対象にした窃盗被害は今春から増え始め、貴重品のほかに骨董品狙いが目立っている。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

クリスマスパーティー

今夜は家族でクリスマスパーティー。いつもの骨付き鳥で乾杯しました。

香川県では骨付き鳥でクリスマス、の家庭も多いのではないでしょうか。我が家も子供たちも大好きなお店の持ち帰りで毎年パーティーしてます。

今年は色々大変な事が多く辛い思いをした人も多いと思います。

来年はいい年になって、みんなの挑戦が実を結びますように。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

空き家へ移住、掃除協力で歓迎。

空き家の現場でネックになるのが多くの家財道具です。空き家バンクに登録すれば処分に対して補助金が受けられる自治体もありますが、基本的に膨大な量の不用品が 面倒で、そのままにしているケースを多く見てきました。

その問題を手助けする施策が地域住民との交流とも兼ねるところが面白いです。

京都府南丹市園部町天引の住民が、空き家を生かした移住者の受け入れを強化している。

空き家に大量に眠る不要品の搬出を住民が手助けして移住者の負担を減らす。協力を通じて「歓迎」の姿勢を示し、溶け込んでもらいやすくする狙いもあり、一歩踏み込んだ対応で移住者を迎え入れる。

#空き家 #空き家管理 #空き家移住

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

令和元年空き家所有者実態調査の集計結果

国土交通省住宅局が実施した調査結果が発表されました。調査の回答率が47.7%という事で、回答された方は空き家に対する意識が高いといえます。相続登記や名義変更をおこおなった人の割合が約8割というのも意識の高さかと思います。

空き家の半数以上に腐朽・破損があり、特に別荘や貸家・売却用等以外の「その他」の空き家では6割を超えるなど、令和元年空き家所有者実態調査の集計結果をお知らせします。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

老朽空き家所有者 約3割が資金難。

空き家所有者の方のリアルな声を集めたアンケート。これまで解体に対しては補助金が付くことが多くありましたが、これからは管理に対する補助金が一般的になるかもしれません。

これまでである程度廃屋状態の空き家については解体が進んだと思います。

これからは、地域の実情に沿った活用に向けてスムーズな流れをサポートするための管理が地域にとっても必要だといえます。

伊那市は、空き家対策の一環で市内の空き家の所有者に行ったアンケート調査の結果をまとめた。

老朽化し倒壊などの危険がある空き家の所有者のうち、約3割が資金面の問題を挙げ、老朽空き家の多くが資金難から適正な管理や解体が行われていない実態が明らかになった。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

空き家 改修工事の需要調査へ 長崎市

行政の準備している補助金についてはいろいろありますが、空き家の改修については基本的に利用者が使えないと意味がありません。

構造的な部分の修繕は所有者側で実施し、内装などの仕上げについては所有者がするというのが現実的ですね。双方が使える補助金というのが理想ですが 難しそうですね。

記事の中にある 親名義の空き家を改修して居住を考えた市民が、補助金を受けられなかった例 はほんと本末転倒だと思います。

市内には2018年度時点で3万3900戸の空き家がある。市は、市内の一戸建て空き家住宅の改修工事費用を一部負担するなど、三つの補助金事業を進めている。

しかし、所有者以外が改装工事をする際は対象外で、枠組みの拡大が課題となっている。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

対策法から5年、倒壊の恐れがある物件の措置は1万2000物件

いわゆる「空き家等に関する特措法」施行から5年が過ぎ、改正の話題も出てきています。

思ったほどの効果が出ていないという事によるものだと思いますが、そもそも空き家の数を減らすことより、有効に利用されていることのほうが優先されるべきではないかと思います。

現在我々が管理している空き家の所有者の方は、一般的に金銭的にも精神的にも余裕がある方がほとんどです (僕の肌感覚ですが) 。言い換えれば、金銭的な問題さえクリアできれば、ちゃんと管理したいと思っている方がまだまだ多いということです。

ここまでは建物として問題があるものについて除却を進めてきましたが、ふるさと納税の返礼や、多くのNPO活動などで空き家管理が一般的になってきたこれからは、「管理への助成」に着手してほしいと思います。

今年3月31日時点で、空家等対策計画は1741の全国の市区町村のうち69.3%にあたる1208市区町村で策定されている。2020年度末には78.8%にあたる1373市区町村で策定される見込みだ。

   一方、全国の市町村で法定協議会を設置しているのは、1741の全国の市区町村のうち46.6%の812市区町村、2020年度末には53.2%にあたる927市区町村で策定される見込みにとどまっている。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください

次のページ »