セーフティネット住宅整備 大阪府が突出

セーフティネット住宅とは、「住宅セーフティネット制度」に基づき登録され、高齢者、障害者、子育て世帯などの入居を拒まない賃貸住宅のことです。

国は、2021年3月までに17万5000戸を登録目標に掲げた。ところが、3月16日時点での登録はまだ2万6026戸にとどまる。目標のわずか14.9%である。1年後の目標達成は難しいと思われます。

厚生労働省は3日、「第4回精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会」を開催。

2017年創設の新たな住宅セーフティネット制度の状況が公表され、都道府県別では大阪府が2万414戸と突出して多いことが分かった。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

テレワークで地方移住、最大100万円補助

最近、反響の大きい記事です。

これまで 首都圏から移住して地方で起業する場合の支援制度があったが、新たに東京の仕事を地方で続ける人も対象に加える。

並行して、地方で起業する人への支援も考えて欲しいと思いますが、今まで首都圏に集まりがちな人材と情報を地方に分散することは、地方で事業を進めている人にとっても非常に有益なことだと思います。

政府は2021年度から、テレワークで東京の仕事を続けつつ地方に移住した人に最大100万円を交付する。地方でIT(情報技術)関連の事業を立ち上げた場合は最大300万円とする。新型コロナウイルスの感染拡大で高まった働き方の変化を踏まえ、地方の活性化につなげる。

こちらの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい

https://www.akiyakanrisha.net/

« 前のページ