自宅を手放さずに住みかえできる「マイホーム借上げ制度」

引っ越したいけど自宅を手放したくはない。不動産の名義は自分のものにしておきたいけど、税金など維持費の負担が重い。このような人のためにあるのが「マイホーム借上げ制度」です。

マイホーム借上げ制度とは、一言で言うと自宅専用のサブリース契約です。50歳以上の人が自宅を一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(JTI)に貸し、賃料収入を得ることができます。

マイホーム借上げ制度はリロケーション・サービスのひとつで、転貸契約、いわゆるサブリース方式をとります。物件が入居者を募集できる状態であれば、たとえ空室であっても賃料が支払われます。

一般的なサブリースでは所有者が受け取る賃料を業者が一方的に下げ、問題となることがあります。しかしマイホーム借上げ制度の「最低家賃保証型」は契約期間中同じ賃料が支払われるので、安定した収入になります。

この制度ならではの特徴は、賃料収入を担保にお金を借りられることです。引っ越し先のローンや一時金にあてられるほか、契約内容によっては自由な用途に使えるフリーローンも利用できます。自宅を担保に融資を受ける「リバースモーゲージローン」のようなものと考えてください。

マイホーム借上げ制度は、主に50歳以上の所有者を対象にした、自宅を賃貸に出す制度です。転貸契約によって安定した賃料収入が得られ、国が保証する安心感もあります。親の介護や所有者本人の転居による自宅の活用のほか、相続した実家の空き家対策にも利用できます。空いた自宅の利活用に困っている人は検討してみてはいかがでしょうか。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

32億人に美しい居住環境を提供したい。

OYOグループのCEOであるRitesh Agarwal氏の講演の書きおこしが素晴らしかったので皆さんにも紹介します。

明確なミッションと圧倒的なスピード感が超高速な成長を支えているんですね。

ぜひとも皆様と共有したいと思います。

記事はこちらから☆☆☆

空き家のことなら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

空き家を使ってマインドフルネス。

瞑想を通じてストレスを軽減し、集中力を向上させたり、創造性を高めたりできることから、海外のエグゼクティブたちがこぞって実践しているマインドフルネス。

旅行も兼ねて、マインドフルネスにじっくり取り組めそうな宿が宮崎県に登場した。

2019年5月にオープンした一棟貸切宿「茶心」は、一般財団法人こゆ地域づくり推進機構がプロデュースする一棟貸切宿。宮崎県新富町における空き家再生と、エグゼクティブ層向けのプレミアム体験開発を目的としたもので、クラウドファンディングでは支援額目標を達成した。

宿泊者専用エリアだけで57坪の大きさをほこる「茶心」は、瞑想にぴったりな23畳の和室を備えており、マインドフルネスに最適な空間。

お茶の香りを愉しめる「茶香炉」も備えており、穏やかな気持ちで自身と向き合える特別な時間が過ごせるのが魅力だ。

記事の詳細はこちらからご確認お願い致します。

https://www.excite.co.jp/news/article/Ignite_169453/

空き家を地域の交流拠点に。

大学と連携した空き家活用の事例です。

改修に関してどの程度のものを求めるかで、費用を含めいろんな金額が変わってきます。

設備にしても完璧を求めると、費用等想像以上に掛かることが増えます。

関東学院大学(横浜市)は神奈川県横須賀市と連携し、空き家を改修した地域交流拠点「守谷ノ間(もりやのま)」(横須賀市)を開設した。学生自身が一部改修工事をし、建物に住みながら運営も手がける。地域住民と学生との交流を促進するほか、空き家対策にもつなげる。

建物は築80年で、床板が抜けかけているなど改修が必要だった。水道設備など大がかりな工事が必要な部分は工務店に依頼したが、内装などは同大学共生デザイン学科の学生が取り組んだ。ウッドデッキなど若者目線で新たな設備も設けた。改修費の約300万円は横須賀市が負担した。

運営は同大学法学部の学生が担当する。料理教室やゲームを催すなど、日常的に住民が訪れやすい場にしていく。反対に、草刈りや荷物運びなど周辺住民の生活を学生が手助けすることも検討している。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

空き家使いフードバンク拠点

空き家の活用法で、空き家を使ってフードバンクの拠点づくりを進める団体とのマッチング。

区の事業の一環の様で所有者と団体とのマッチング事業に取り組んでいるようです。

※フードバンクとは、包装の傷みなどで、品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業から寄附を受け生活困窮者などに配給する活動およびその活動を行う団体。

東京都江戸川区で活動するボランティア団体が、未利用の食品を生活困窮者らに提供する「フードバンク」の拠点を8月3日に開設する。区が紹介した区内の空き家を利用する。区は食品ロスの解消や子どもの貧困問題の解消とともに、空き家の有効活用につなげる。

同区には区内の住宅の1割にあたる約3万7千戸の空き家がある。区は空き家対策の一環として、所有者と空き家を活用したい団体とのマッチング事業に取り組んでいる。今回のフードバンクの拠点開設はマッチングの初事例となる。

団体はフードバンクジョイライフで、拠点名は「リゾート一之江」とする。食べられるのに未利用のままの食品を、生活保護の受給者やひとり親家庭などに配る。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

空き家になる「2つの理由」。

ここで書かれていることは本当に多いケースです。

相続でもめるというと、資産が多くてもめるという印象ですが実際のところ、普通の相続のほうが時間がかかることが多いそうです。

それだけ準備等に重きを置いていないということですね。

空き家は近年、社会問題となっています。なぜ、空き家になってしまうのでしょうか。そこには、大きく2つの理由があります。

1つ目は、上記のように相続発生時における遺産分割協議(遺産を分ける話し合い)がまとまらない点です。戸建ての空き家を所有する人の52%が「相続」により取得したと回答しています(平成26年国交省「空家実態調査」より)。

「うちはそんなに財産がないから大丈夫」という話をよく聞きますが、実は財産が少ないほど話し合いがまとまらないことが多いのです。実際、水足さんのお隣さんも、財産はこの家と預金が少々といったところでした。聞くところによると、お隣さんの相続人は息子(50歳)と娘(48歳)の2人。息子は家を売りたいと言う一方で、娘は売りたくないと言い、意見がまったく合わず平行線のままだとか。

2つ目は、認知症等による被相続人の判断能力の低下です。近年では核家族化が進み、水足家のように親と子供が別の家で生活しているというのは珍しくありません。その結果、高齢になった親が一人で暮らしていくのが難しくなり、老人ホーム等の施設に入るために実家の売却を検討するケースが増えてきています。

しかし、所有者である親の判断能力が不十分だと実家を売却することが難しくなります。売却をしないまま施設に入ってしまうと、実家は当然、空き家になってしまいます。判断能力が不十分になったときに備えて、スムーズに売却できるように準備しておく必要があるのです。

判断能力があるうちにと、生前に不動産の名義を相続人に変更して贈与を検討される方もいらっしゃいます。ただ、贈与は受け取った方に贈与税がかかり多額の税金を納めることにもなるため、現実的ではないケースが多いのです。所有者からすると、自分の財産を取られると思ってしまうこともあり、話が進まずそのままになってしまう事例もあります。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

第5条「基本方針」関係 ⑨

Q 課税情報が活用できることにな ったのは、大きな前進と受け止め ていますが、国や都道府県におけ る支援においては、法的側面での 支援も期待されており、例えば、空 き家対策事例に対するマニュアルや Q&Aなどが示されれば非常に有 効で期待されるところと思います のでよろしくご配慮をお願いいた します。

A ご意見を踏まえ、基本指針(案)の 照会の際に各地方公共団体より寄せら れました御質問及び御意見について今 回、全ての地方公共団体と共有させて いただきました。

空き家の事なら空き家管理舎パートナズにお任せ下さい。

瀬戸内、芸術祭を機に移住・起業相次ぐ

芸術祭を機に空き家にカフェができたり、ゲストハウスができたりと、面白い人たちが集まるようになりました。

こういった動きは多くの地方でも起こりうる事です。

世界から観光客が訪れるようになってくると、瀬戸内の島で起こっていることは今後、いろいろな地域で起こります。

上手に流れに乗れるように地域の頭とステップを軽くしておきましょう。

瀬戸内海の離島活性化を目的とした瀬戸内国際芸術祭(略称=瀬戸芸)が、地域再生の効果を生み出しつつある。芸術祭をきっかけに離島の自然美と伝統的な生活スタイルが見直され、移住者や起業家が数多く集まるようになった。

米旅行誌の英国版ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーが「19年に行くべき国・地域」の1位に瀬戸内を選び、瀬戸内の人気は「ワールドワイドで火がついた」(香川県の浜田恵造知事)。

今年の第4回瀬戸芸は26日~11月4日に春、夏、秋の3会期で107日開かれる。期間中、12の島と高松港(高松市)、宇野港(岡山県玉野市)を会場に32カ国・地域、225組のアーティストが過去最多の213作品を出品する。島々へのアクセスは定期航路に限られるが、クルーズ船をチャーターして好きな島を巡ることもできる。

第4回も海外からの十数万人を含む100万人超の来場者が期待される。ただ、住民生活を支える仕事をどう生みだし、人々をつなぎとめるのかが今後の課題だ。22年に予定される次回まで中2年間の「端境期」に地域の知恵が問われる。

空き家の事なら空き家管理舎パートナズにお任せ下さい。

空き家を使って一石三鳥。。

空き家の活用にもいろいろありますが、1次産業の担い手不足の解消も含めて地方の問題の解決に一歩近づくことができます。

現状外国からの技能実習生の宿舎としての空き家のニーズはありますが、特に地方においては所有者の理解を得るのが難しい場合があります。そんな中での地方での1次産業の担い手への活用は所有者や地域の住民にも受けが良さそうですね。

東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市で漁師と農家の見習い同士が、家賃の一部をそれぞれの「師匠」に負担してもらいながら共同生活を送っている。移住を希望する若者たちに住居を提供しつつ、1次産業の担い手不足と空き家問題を同時に解消する「一石三鳥」の試みだ。

津波被害を免れた一軒家をシェアハウス「弟子舎(でしや)」と名付け、4月から暮らしているのは佐々木快昌(よしまさ)さん(34)と鈴木空慈(こうじ)さん(19)。
佐々木さんは広田湾でカキ養殖に従事したいと千葉県の会社を退職、農業に関心があった鈴木さんは神奈川県の高校を卒業し、それぞれ市内のカキ漁師とリンゴ農家に弟子入りした。
2人の住居確保に奔走したのは、移住定住を支援する陸前高田市のNPO法人の副理事長越戸浩貴さん(34)。家主と交渉するとともに、2人の師匠となる漁師と農家に家賃の負担を提案した。

1次産業の担い手不足は、震災の被災地でも大きな課題になっている。地方移住の意思はあっても手頃な住まいが見つからない若者がいる一方、家族経営の生産者が仕事以外の世話までするのは困難だ。

双方を結び付けた越戸さんは「生産者にもこれからの人づくりへの意識を高めてほしい」と期待し、師匠となったカキ漁師佐々木学さん(36)も「後継者育成の成功例にしたい」と意気込む。
共同生活は、他業種の生産や販売ノウハウを互いに学ぶ場にもなっている。「同じ釜の飯を食べた者同士、業種を越えた横のつながりをつくってほしい」と取り組みの拡大を期待する越戸さん。空き家の貸し出しをためらう家主も少なくない中、有効活用のモデルとしたい考えだ。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

第5条「基本方針」関係 ⑧

Q 今後円滑な空き家等対策を積極的 に進めるために、どのように実施 していくのか? ・国の説明会の開催や、今後の国 の支援イメージ(スケジュール 等含む) ・市町村計画策定の促進と策定状 況の把握等

A 各市町村における空き家等対策のため の体制整備、空き家等対策計画の作成等 の時期については、地域の実情に応じ て一様ではなく異なることから、国か ら統一的なスケジュール等をお示する ことは困難です。なお、空き家法、本基 本指針、ガイドライン等の内容につき ましては、今後、国主催の説明会を開 催させていただく予定です。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

次のページ »