京都府の空き家管理に関する潜在的ニーズ

京都府の空き家管理に関する潜在的ニーズ

京都府の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 1,320,300戸

空き家数 175,300戸

空き家率 13.30%

その他の空き家(対象物件) 77,500戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  77,500×0.04 →3,100戸

京都府の空き家に現時点で、3,100戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの3,100戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、620戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は10箇所必要と思われます。

現時点で京都府のビジネスパートナー様はまだまだ0社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

広島県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

広島県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

広島県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 1,393,500戸

空き家数 221,300戸

空き家率 15.90%

その他の空き家(対象物件) 101,400戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  101,400×0.04 →4,056戸

広島県の空き家に現時点で、4,056戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの4,056戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、811戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は13箇所必要と思われます。

現時点で広島県のビジネスパートナー様はまだまだ2社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

静岡県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

静岡県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

静岡県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 1,659,300戸

空き家数 270,900戸

空き家率 16.30%

その他の空き家(対象物件) 83,300戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  83,300×0.04 →3,332戸

静岡県の空き家に現時点で、3,332戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの3,332戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、666戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は11箇所必要と思われます。

現時点で静岡県のビジネスパートナー様はまだまだ2社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

空き家に7割関心なし 岡山大研究室が住民アンケート

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズへ。

http://akiya.shoukoukai.net/

今空き家になっているお家の次なるステージを迎えるまでのサポート、もしくは皆さんの思い出の詰まった今は誰も住まなくなった実家のハッピーエンディングをお手伝いいたします。

HPが新しくなりました。

http://www.akiyakanrisha.net/

こちらもよろしくお願いいたします

岡山市北区の京山、岡北地区住民の約7割が、治安や景観の悪化につながる空き家の問題に関心がない―。岡山大地域環境計画学研究室のアンケートでこんな結果が出た。両地区には計600棟超の空き家があり、同研究室は「地域に眠る貴重な資源」として、活用策を考える材料にしてもらおうと住民向け座談会を開き、結果を説明した。

昨年10~11月、大学に近い両地区で無作為に選んだ1500世帯を対象とし、556世帯から回答を得た(回答率37%)。空き家問題への関心を尋ねたところ「深く考えたことがない」が最も多く57%。「なんとなく聞いたことはある」と「考えたことがない」を合わせ、72%が関心を持っていなかった。

一方で空き家を所有していると仮定し、活用したいかを聞くと「積極的に」と「条件次第で」を合わせて86%が前向きな意向を示した。

望む活用方法(複数回答)は「住宅」が40%でトップ。「カフェ」32%、「公園」と「コミュニティースペース」がともに31%で続き、人々が集える場所が望まれていることがうかがえた。

まだまだ関心が低いんですね。。

○今日のラッキー 暖かい服をいただきました。ラッキー(^-^)/

 

空き家対策はお任せください。香川県、愛媛県、徳島県、高知県、北海道、岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、埼玉県、山梨県、静岡県、石川県、富山県、岐阜県、愛知県、滋賀県、奈良県、三重県、和歌山県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、佐賀県、熊本県の空き家は、月々5,000円(税別)から空き家管理舎が責任を持って管理します。

福岡県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

福岡県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

福岡県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 2,492,700戸

空き家数 316,800戸

空き家率 12.70%

その他の空き家(対象物件) 116,700戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  116,700×0.04 →4,668戸

福岡県の空き家に現時点で、4,668戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの4,668戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、933戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は15箇所必要と思われます。

現時点で福岡県のビジネスパートナー様はまだまだ0社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

兵庫県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

兵庫県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

兵庫県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 2,733,700戸

空き家数 356,500戸

空き家率 13.00%

その他の空き家(対象物件) 147,700戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  147,700×0.04 →5,908戸

兵庫県の空き家に現時点で、5,908戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの5,908戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、1,181戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は20箇所必要と思われます。

現時点で兵庫県のビジネスパートナー様はまだまだ2社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

北海道の空き家管理に関する潜在的ニーズ

北海道の空き家管理に関する潜在的ニーズ

 

北海道の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

 

住宅総数 2,746,600戸

 

空き家数 388,200戸

 

空き家率 14.10%

 

その他の空き家(対象物件) 139,500戸

 

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4%  139,500×0.04 →5,580戸

 

北海道の空き家に現時点で、5,580戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

 

空き家管理舎パートナーズではこの5,580戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、1,116戸を管理目標値と定めました。

 

そのためにはビジネスパートナーの拠点は18箇所必要と思われます。

 

現時点で北海道のビジネスパートナー様はまだまだ1社となっております。

 

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

 

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

 

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

 

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

 

 

千葉県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

千葉県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 2,896,200戸

空き家数 367,200戸

空き家率 12.70%

その他の空き家(対象物件) 134,400戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4% 134,400×0.04 →5,376戸

千葉県の空き家に現時点で、5,376戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの5,376戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、1,075戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は18箇所必要と思われます。

現時点で千葉県のビジネスパートナー様はまだまだ2社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

空き家撤去費、全額回収1割

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズへ。

http://akiya.shoukoukai.net/

今空き家になっているお家の次なるステージを迎えるまでのサポート、もしくは皆さんの思い出の詰まった今は誰も住まなくなった実家のハッピーエンディングをお手伝いいたします。

HPが新しくなりました。

http://www.akiyakanrisha.net/

こちらもよろしくお願いいたします

回収が難しいとは思ってましたが、1割とは・・・。

総務省は二十二日、地方自治体の空き家対策に関する調査結果をまとめた。倒壊の恐れがあるなど危険な空き家を行政代執行で撤去した際の費用を、所有者らから全額回収できた事例は一割にとどまった。自治体が全額負担した事例が三割弱あり、費用回収で難しい対応を迫られている実態が浮き彫りになった。

 調査対象は、二〇一五年に全面施行された空き家対策特別措置法に基づく行政代執行や略式代執行の実績があるうちの三十七市区町村四十八事例(一七年九月末現在)。跡地を売却するなどして撤去費を全額回収できたのは、前橋市や東京都品川区などの五事例(10・4%)だけだった。

 費用回収が進まない背景には、所有者に支払い能力がないことなどが挙げられる。所有者が不明で跡地の売却先も見つからないことなどを理由に、自治体が全額負担したケースは、新潟県十日町市や兵庫県姫路市などの十三事例(27・1%)。

 その際の一件の撤去費は、十日町市で千四十万円、青森県五所川原市で五百八十三万円、姫路市で四百十六万円だった。岐阜県恵那市も二百二十七万円、愛知県瀬戸市で七十六万円、長野県高森町で二十七万円かかった。

 特措法は、危険な空き家の所有者に対し、市区町村が改善勧告や命令などを出し、従わなければ代執行で撤去できると規定。所有者不明で相続人もいない場合は、略式代執行で撤去できる。

 同法により自治体は放置されている危険な空き家の取り壊しなどを進めやすくなったが、ノウハウ不足などで代執行に踏み切った事例は少ないのが実情。調査結果を受け総務省は国土交通省などに対し、自治体間の対応策の情報共有を後押しするよう求めた。

○今日のラッキー お天気がいいので仕事がはかどります。ラッキー(^-^)/

 

空き家対策はお任せください。香川県、愛媛県、徳島県、高知県、北海道、岩手県、山形県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、埼玉県、山梨県、静岡県、石川県、富山県、岐阜県、愛知県、滋賀県、奈良県、三重県、和歌山県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、佐賀県、熊本県の空き家は、月々5,000円(税別)から空き家管理舎が責任を持って管理します。

埼玉県の空き家管理に関する潜在的ニーズ

埼玉県の現時点での空き家に関する潜在的なニーズを推計してみました。

住宅総数 3,266,300戸

空き家数 355,000戸

空き家率 10.90%

その他の空き家(対象物件) 112,200戸

問題が起こる前に行動を起こせる人の割合4% 112,200×0.04 →4,488戸

埼玉県の空き家に現時点で、4,488戸の空き家管理に関するニーズがあると推定されます。

空き家管理舎パートナーズではこの4,488戸のうち20%の管理を受け持とうと思い、897戸を管理目標値と定めました。

そのためにはビジネスパートナーの拠点は15箇所必要と思われます。

現時点で埼玉県のビジネスパートナー様はまだまだ1社となっております。

我々と一緒に空き家問題に取り組む仲間を募集しております。

興味のある方はHPよりお問い合わせください。

空き家管理者パートナーズ https://www.akiyakanrisha.net/

 

※以上の数字は平成25年のものを使って計算しています。

次のページ »