リモートワークが進むと「街間格差」が広がるか。

まずこの「街間格差」とはどういうことなのか・・・。これまでの23区間の「23区格差」や路線価格による「路線格差」と違い、魅力的な街はますます人が集まり、そうでない町からはますます人がいなくなる「街間格差」が進むというもの。まちの魅力がこれまでの価値観とは変わるという事です。

近い将来、東京には人口減少と、2022年問題が起こります。

都内には3,300ヘクタールの生産緑地があり、2022年にはこれらの約8割がマーケットに供給される可能性があります。

こういった人口減少と供給過多で地価の下落が進むというものです。

リモートワークが当たり前になった時代には「23区格差」・「路線格差」とは次元の違う「街間格差」が進みそうです。

詳しくはこちらの記事☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事ならあなたのまちの空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)