愛知の空き家ビジネス 法改正を追い風に広がる

愛知県で空き家の活用が進んでいる。愛知県にも先日の統計で39万戸を超える空き家の数があるといわれている。その中で賃貸や売買向け以外の、一般に問題にされているその他の空き家の数も14万戸を超えている。

駅前に取り残された古い戸建てを商業施設に改装したり、コミュニティの場を兼ねた介護施設を開業したりするなど、地域再生の期待も担う。空き家活用の相談を専門とするNPO法人も登場。新たなビジネス需要を狙う。

6月に改正建築基準法が全面施行され、空き家住宅の用途変更の要件が大幅に緩和された。空き家が社会問題となるなか、「商業利用を促し、空き家を解消したい」という国の狙いがある。

そんな愛知県の空き家ビジネスの記事は☆☆☆でご確認下さい。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)