芸術と空き家の融合

今日は縁あって瀬戸内国際芸術祭の秋開催の会場である伊吹島に打ち合わせに行ってきました。

島では空き家が芸術作の展示スペースになっていたり、アーティストの宿舎になっていたり、来場者向けに休憩所になったり期間中にカフェになったりとワクワクする利活用にあふれてました。

特に空き家の趣をそのまま活かした活用法はもっと広まればいいなぁと思えるものでした。

やはり空き家にはアートのエッセンスを振りかけると抜群の味を醸し出します。

島というある意味確立された文化的な要因もありますが、地方こそこの方程式は活きてきます。

こういう試みや活動がコンセプトをキープしつつもっとすそ野が広がれば毎日が楽しいでしょうね。

ということで楽しい打ち合わせでした。。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せ下さい。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)