新しい働き方ギグエコノミーとは

UBERやAirbnbで耳にすることが多くなってきた、ギグエコノミーとは一体何か?

令和になり厚生労働省が「副業・兼業の推進に関するガイドライン」を策定するなど、「新しい働き方」を提案する動きがあります。

インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、それによって成り立つ経済形態のことをいいます。これは、2015年頃から米国のメディアで頻繁に使われるようになった用語で、ネット仲介で配車サービスの運転手になったり、ネット経由で企業からデザインやサイト制作、コンテンツ制作、便利屋サービスなどを受注したりというように、非正規労働で一回一回仕事を請け負う就業形態の広がりを指します。

今、日本でも本業のほかにこのような働き方をする人が増えてきてます。

今までの日本ではなかなか理解されなかった副業や複業が一般的になってきたと同時にこのようなギグワークが注目されるようになってきました。

一般的になればなるほど問題点も露呈してきますが、全体の方向としてこう言う流れに向かっていきそうですね。

空き家管理士の資格もこの流れに沿うような形に変化をしていく必要がありますね。

空き家のことなら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)