売買契約完了で双方に“奨励金”

空き家バンク制度を導入している自治体は多いですが、多くの自治体で登録物件が伸びないというのが悩みとなっています。

今回の事業は登録を進めるために所有者と登録を促すための仲介業者にインセンティブを設けたもの。

他では自治会に空き家の所有者に登録を促してもらい、自治会へ補助金を出すというものもありました。

ただ、多少のお金よりもとにかく面倒なことはしたくない、という思いの所有者の背中をどう押すか。。

先ずは小さなきっかけだと思います。この事業がその小さなきっかけになればいいのですが。

兵庫県洲本市は4月から、空き家所有者と、島外の移住希望者をつなぐ「空き家バンク」事業で新制度を始めた。

空き家の売買契約が完了すると、所有者に3万円、仲介業者に2万円の「奨励金」を出す。

これまで移住者向けの支援制度が多かったが、所有者向けに拡充することで、バンクへの登録を促す。

洲本市は2013年度から空き家バンク事業を開始。

今年3月末までに35件の登録があり、そのうち売買、賃貸を合わせて20件で契約が成立した。

ただ、市の調査では、市内には約2千件の空き家が存在する。島外に住まいを移し、既に親が亡くなって空き家になっているケースなどがあり、市への問い合わせは多い。

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズにお任せください。

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)