空き家の民泊活用に厳しい規制。京都市の条例案

空き家の事なら空き家管理舎パートナーズへ。
http://akiya.shoukoukai.net/
今空き家になっているお家の次なるステージを迎えるまでのサポート、もしくは皆さんの思い出の詰まった今は誰も住まなくなった実家のハッピーエンディングをお手伝いいたします。
HPが新しくなりました。
http://www.akiyakanrisha.net/
こちらもよろしくお願いいたします。

京都市は地域住民と観光客の安心安全を両立させるため、家主が居住するタイプと歴史的な遺産である京町家には特別な制限を設けない一方で、空き家タイプは住居専用地域において観光の閑散期である1~2月に営業を限定するなど厳しく規制される見込みです。

また、住宅地以外でも緊急時の「駆け付け」を義務付け、10分程度で宿泊施設に駆け付けられるよう、施設から半径800メートル以内に事業者か管理者が駐在するよう求める方針です。

地域住民の立場に立ったなかなか厳しい条例といえ、これでは京都市に関しては、空き家を民泊に活用することが不可能に近いですね。

〇今日のラッキー 昨日はおいしいお肉を頂きました。。ラッキー(^^)/

空き家対策はお任せください。香川県、愛媛県、徳島県、高知県、北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県、石川県、岐阜県、愛知県、滋賀県、三重県、和歌山県、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県、福岡県、佐賀県、熊本県の空き家は、月々5,000円(税別)から空き家管理舎が責任を持って管理します。 只今埼玉県準備中です。。。

 

 

コメント

コメントする





CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)